1. TOP
  2. 未分類
  3. 恋人を別れさす工作「行き過ぎではない」大阪判決分析

恋人を別れさす工作「行き過ぎではない」大阪判決分析

 2018/08/30 未分類
この記事は約 2 分で読めます。 41 Views

恋人関係を意図的に壊す探偵業者の行為が公序良俗に反しているかはの裁判が8月29日大阪であった。

山崎修裁判長は公序良俗にあたらないと判断した。

大阪簡易裁判所の判決を支持して男性の控訴を棄却した。

判決から,2016年に男性は交際していた女性の復縁を望んで探偵業者に130万円で以来した。

交際男性は私と浮気していると伝えた。

判決は「食事をしただけで,人格や尊厳を傷つける方法とは認めららないとした」

とネット上である。

判決の説明は「食事をしただけで,人格や尊厳を傷つける方法とは認めららないとした」

その事実に着眼したとして判決をしたとされる。

別れさせた工作に関しては,一般遮断法人の日本調査業業界は「公序良俗に反する」として,加盟する約180の探偵業者に自主規制を求めているものである。

 

判決はネット上では棄却されたとあるが

判決文を見てない段階での判断としては

判決が

「別れさせた工作」についてか

「単に話をして食事をしただけ」なのか

わかりかねないが,下記にみえるものである。

基本的なことであるが何の判決か。

申し立てた方がまちがわないのは最も重要といえる。

逆説的に考えるとこれを判決で金額を認めると

多くの訴訟が発生するとの考えもできるものである。

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

andy72

この人が書いた記事  記事一覧

  • Hiroshima

  • Okayama

  • Shimane

  • Wakayama

関連記事

  • Unsaon pagpa SAPIAN?イエウール

  • Hyogo

  • Miyagi

  • Miura City

  • Koganei City

  • Musashimurayama City