1. TOP
  2. 未分類
  3. 土地売却注意

土地売却注意

 2018/08/23 未分類
この記事は約 6 分で読めます。 120 Views
土地売却

土地売却注意点。不動産売却注意点についてお伝えします。土地売却注意点マンション売却注意点これらを不動産売却注意点とさせていただきます。

土地売却の注意点については土地の中にゴミや残物があった場合の責任です。私はそんな事をしていません!という人も多いでしょう。
ですが売却した後に土地の下にゴミがあるケースがあります。まずどういう時に発覚するかといいますとあなたが不動産会社に売買を依頼して無事に土地が売却できました。あなたの土地を購入した借りに30代夫婦のお客様はこの土地をどのように使いますか?想像してみてください。普通に考えれば土地を購入して新築ですよね!この時に現在は通常地盤調査を行います。そして新築の着工時にスタート開始の後にです。基礎をする時に土地の
真ん中に穴を掘ります。この時に何かでてきたゴミがでてきた。そういう事があります。
この時にお金を払ってくれないか。そういうトラブルに巻き込まれるケースがあります。
ここをどうクリアにするか。ここがポイントです。その時にクリアにするのではなくて事前に土地の地中についてどう評価するか決めておいた方がいいという事です。通常は現状のままに引き渡しです。私は地中については何も知りません!というだけではちょっと力不足です。実際にでてきたらどうするのかという問題が発生します。
それには紛争になった時にどうするか。それには重要事項説明書の特約事項に文章をいれておくといいのです。どのような文章かといいますと「地中については売主で調査していない」こういう文章があとあと聞いてきます。実際に地中については責任もたないというような内容を書いて後でゴミがでてきた場合があります。この時にゴミ撤去費用を請求されましたが重要事項説明書にそのような内容があったので購入者も納得していただきました。事前に文章を書いておくというのはとても大切です。不動産業者まかせではなくてあなたから不動産業者に伝えてもいいと思います。そうすれば不動産業者は最適な内容の文章を書いてくれるはずです。不動産業者もあなたをいちもくおいて素晴らしい文章を作成してくれるでしょう。この時,個人の不動産業者よりもエリアを限定して売買している業者が力を発揮します。 なぜならその土地特有の事情があるからです。この時に全国規模の業者である必要はありません。エリア限定で十二分です。法務部もあり最適な文章を作成してくれるでしょう。あなたの担当者を生かすも何をするにもあなた次第といえるでしょう。土地を売却する際にあなたが知っている事でとことんまであなたの後後のうれいをなくすことができます。不動産というのは物ですからそこに存在しています。ですからきっちり事前に対応をしておく事をおススメします。当サイトをぜひお気に入りに登録していだければと思います。
土地を売るというのはとても大きなお金が動きます。そのためにトラブルが発生してしまうと問い返しのつかない事になります。
例えばあなたの土地が更地で以前火事があったとします。これは説明義務があると言えるでしょう。大阪の人は正直にいいます。東京の人は隠す人がいます。そして訴えられて負けます。わかりやすく説明するとこのような内容になります。東京の人がどうだこうだ大阪の人がどうだこうだという内容ではありません。ここでお伝えしたい内容は説明義務を怠れば訴えられますよ。という事です。そこがポイントです。
土地を売るにあたってあなたは何を調べればいいのでしょうか。それはその地域の相場を知る事です。自分でネットをみるのもいいですが不動産屋さんも周辺事例を調べることがもちろん可能です。売買事例と検索すればできるようになっているのがほとんどの不動産屋さんになっている仕組みです。
土地の将来はわからないという人も多いですが地域の整備計画など市役所にあるデーターだけで十分にわかることが多いものです。
そこは地域密着の不動産屋さんに教えてもらうのが一番です。ですがあなた自身がより高く不動産を売りたい!そんなこだわりがある方はエリア限定の不動産屋さんが最終的に高く売れる可能性がグッと高まります。
不動産営業マンを見極めるコツですが,第一印象という方もいますが当サイトでは抽象的すぎると考えております。別に第一印象がどうであろうとがきちんとあなたの不動産をより高く売却してくれてそして後で購入者からクレームがこないようにMAXまで尽力してくれる担当者ではないでしょうか。土地を売却する時に一括全国査定のサイトがありますがデメリットとして八方美人になる可能性も否定できません。仮にもめた場合に相手方の仲介をした場合は相手方の意見もたっぷりきくという事です。裁判で原告と被告の席に交互にすわっているようなものです。例えが極端かもしれませんが,裁判であなたの弁護士と相手方の弁護士が同じだったら嫌じゃないですか?日本の今の不動産の市場ではこれと同じ現象が起きやすい。そう考えています。
ですから売主側のエージェントです!といいきれる業務内容がそうなっている業者を選ぶのが一番なのです。
土地を売却する時の注意点で今思い出したのですが木が生えている場合です。
撤去してほしい。そう言われる場合もあるでしょう。木を撤去してほしい!そう購入希望者に言われたらあなたならどうしますか?
安い業者を手配して撤去しますか?
当サイトでおススメするのはそれは第二の選択肢です。では一番おススメの選択肢とは何か。「その分値引きしますので買主で対応してください。現状のまま引き渡しにしてください。そういうのが賢明なのです。なぜかというと木というのは予想以上に根っこが周辺にいっている場合があります。もしかしたら
あなたの土地の外にいっているかもしれません。ですから値引きで解決した方が最もあなたの負担が軽くすみます。もちろん木を処分するという事に抵抗がある人も多いでしょう。
また購入希望者の新築会社が大手か個人の住宅会社かも見てみるといいかもしれません。
たいてい新築業者がついていると考えてこれ妥当でしょう。
値引きで売値が安くなると考える人もいますがここは必要経費と考えましょう。
また土地に看板をつけてある場合は契約時に
はまだ外さず決済日にはずしてもらいましょう。決済日とは何かといいますと例えばあなたの不動産が1000万円で売れたとします。
契約日は100万円とします。そうすると残金900万円となります。あなた土地を購入する人は融資を受けている可能性が高いです。現金で購入する人も多いでしょう。ですがほとんどは融資と考えいいでしょう。通常契約から60日以内に引き渡しとなります。言い換えれば60日以内に残りの900万円を払ってくださいという事になります。
60日となっていますが事実上は1ケ月早くて3週間です。ここで融資を相手方にたってもう一つ考えてみましょう。融資を受ける際には契約書が必要です。あなたの署名捺印ものものです。また建物の間取りも決まってなければなりません。では契約書が必須で融資承認が必要な際に,どうして契約前に融資がわかるのでしょうか?それは相手方の借り審査にかかっています。通常購入希望者の借り審査が通った段階で契約となります。この仮審査が銀行によって保証承諾に該当して銀行とそうではない銀行があります。ですから注意が必要です。契約したけど融資が通らない。そんなことはなるべくさけたいところです。
この点はナーバスになる必要はないかもしれません。業者も遊んでいるではないので抜かりはないですが思いよらぬところで時間をとられてしまわないようにした方が賢明です。
ですから購入希望者の職業は聞いてもいいかもしれませんね。公務員であれば融資は問題ないでしょう。当サイトは誰も教えてくれなかった視点で不動産売却の様々情報を提供します。ぜひお気に入りに登録してくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

土地売却

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

andy72

この人が書いた記事  記事一覧

  • Shimane

  • Wakayama

  • Nara

  • Hyogo

関連記事

  • Japan’s Summer of Deadly Disasters: Earthquakes, Typhoons and Heat.

  • Kasukabe City

  • 恋人を別れさす工作「行き過ぎではない」大阪判決分析

  • Sapporo is the capital of Hokkaido

  • 特定空き家

  • Zama City