1. TOP
  2. 大雪
  3. そもそも寒波とは何か?

そもそも寒波とは何か?

大雪 この記事は約 2 分で読めます。 70 Views

日本の冬の現象として北極振動というものがあります。北半球の地上気圧は,高緯度が低気圧に偏西風を挟んで中緯度に高気圧です。

この状態ですが偏西風は強く吹くので北側の冷たい空気というのはあまり中緯度側に南下をしてくるということはないです。

ですが気圧の差というのは年によって大きくなったり小さくなったりします。
シーソーのように北極周辺と遠く離れた中緯度の気圧が変化をするのです。
気象学では現象を振動を呼ばれています。

北極の気圧が高まるのがポイント
中緯度に寒波ができやすくなるのは普通であれば北極周辺が低くて気圧が高い状態と中緯度の気圧が普通よりも低くなっている状態です。このような時に普段は高くなっている気圧に押されて中緯度に流れ込みにくくなります。

この時に偏西風は弱まり南来たに蛇行していることが多いです。北極周辺の冷たい空気が
中緯度に南下をし

ていく模様です。北極振動は自然の現象だとみえます。

寒気のかたまりがやってくるのが寒波

地球の大気というのは規模の大きいものから小さいものまであらゆる現象を含む複雑な仕組みとなっています

日本の寒波は2パターン

西高東低の気圧配置に強まって日本の北からじかに寒気がかたまりが入ってくる場合

西のユーラシア大陸から寒気が偏西風で運ばれてくる場合でこの時は西日本や中国韓国が冷え込みます。この場合は数日間は冷え込みます。

エルニーニョ―の場合は暖冬になる可能性が高いです。

北極振動や偏西風の蛇行といっしょに熱帯の海も冬の天候に影響を与えているといえます。
エルニーニョの時は暖かい冬になる傾向があります。一方でラニャーナyの時は厳しい冬になる傾向があるといえます。

火災保険見積もりはコチラ

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!