1. TOP
  2. イエウール
  3. 家売るいくら?一戸建て査定を最適化するコツをあなただけに伝授!

家売るいくら?一戸建て査定を最適化するコツをあなただけに伝授!

イエウール
この記事は約 3 分で読めます。 62 Views

家売るいくら?ズバリ明解にお答えします。

 

あなたの家を売るといくらでしょうか?

どのような人もこのような疑問はあります。

 

そのあなたの質問にズバリお答えさせていただこうと

思います。

 

あなたの不動産の固定資産評価証明書があると

思います。

 

毎年郵送で送られてきます。

手元にない方は市役所にいけば

数百円で発行してくれます。

認印でOKです。

 

そしてその固定資産評価証明の数字を

確認します。

 

そしてその数字をチェックしてみてください。

例えばその数字が1000万円だとします。

あなたの固定資産評価証明は

1000万円です。

すると売り出し価格は1.3倍くらいではないでしょうか。

1.1倍から1.5倍でも幅は広げて大丈夫です。

 

新聞広告のチラシに

不動産の価格がのっています。

この金額というのは通常は固定資産評価価格

より大きい数字なのです。

 

これは1つの算出パターンですが

この方法でも十分OKです。

 

その上で買主は購入する際に

必ず値引き交渉をしてきましょう。

 

値引きについては最初に作戦を決める必要があります。

最初に決めておかないと

突然言われてびっくりします。

 

ですから最初にいくら値引きをするか

きちんと決めておきましょう。

 

家売るためにいくらか

算出する時に不動産無料一括査定を

利用する場合があります。

 

その場合にぜひ準備していただいた方が

いいものがあります。

 

それは家を購入当時の図面です。

昔は建築確認で青色の図面でした。

 

そのような図面があれば

査定の効率はグッと高まります。

 

本気で不動産を高く売りたいのなら

不動産会社が仕事をしやすくする

ように準備するのがコツです。

 

いざ不動産会社の仲介を結んで売り出す場合に

図面がるのとないのでは大きく結果が変わります。

 

図面がみつからない場合はどうするか?

建築当時の図面といっても

15年前とかでどこにおいたか

わからない。

そのような方もいるでしょう。

そんな時におススメなのが

権利書の封筒を確認することです。

 

権利書の封筒といっしょに

保管してある人は多いものです。

 

またそれでもなければ

建築当時の新築会社に聞いてみましょう。

基本的には図面が保管してあると

考えられます。

 

それでもない場合は

市役所の固定資産評価証明書の

申請書類に認印をおして

信頼できる不動産会社に代理で

おねがいするのもスムーズです。

実際に売買をする場合には

年間の固定資産税も記載しなければなりません。

不動産会社はこの固定資産の評価は代理でとれません。

ちなみにこの固定資産の評価を職権でとれるのは

司法書士です。

 

ですが不動産会社に固定資産の評価を

とって確認してもらうのが順番としては

正しいでしょう。

もちろんあなたに郵送にきている書面を

コピーして渡してもかまいませんし

市役所でとった書類原本を渡しても構いません。

 

実はこのような地道な作業が家の売却で

最適化の効果を発揮するのです。

本当に高く早く売りたい場合は

ここまでするべきですね。

https://fudousanbaikyakuguide.org/ieul-2/

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

  不動産さんざん売却君紹介   不動産さんざん売却君一覧

andy72

関連記事

  • 住み替えのはじめて聞くたったひとつの大切なポイントとは?

  • YEOUL!Home for the top seller expensive real estate companies;

  • 家売却方法は専属専任媒介契約で完結

  •  空き家売りたいあなたに今すぐチェックすべき8つのポイントとは?

  • Sa Japan, gamay ra kaayo ang populasyon kay daghan hapon wala ma minyo.

  • 土地売りたい悩みを解決する新しい方法とは?

Translate »