1. TOP
  2. 未分類
  3. 不動産無料査定 注意!不動産の査定の仕方を理解しよう。

不動産無料査定 注意!不動産の査定の仕方を理解しよう。

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 35 Views
不動産無料査定

不動産価格はいったいどのように査定されているのでしょうか。

不動産の査定の方法はいくつかあります。

取引事例比較法

目的の不動産と似ている成約条件を探して時期や立地の個別性を比較して
価格して査定をする方法

原価法

建物について現時点で新築した時の価格から築年数に応じてげんかの修正を行い
価格を求める方法

収益還元法

賃貸用不動産など将来生み出す期待される収益から価格を割り出す方法。

普通の家庭の不動産を売却する場合は取引事例比較法などを用いるのが主流です。

査定価格は不動産屋の事情によって変わるか?

よくインターネットで複数の査定を依頼売ると媒介契約したいがために高く査定するケースがあるともネット上にはあります。

「高めに査定した不動産会社に依頼すれば売るのに時間がかかります。逆に低めに
査定した不動産会社に依頼すると早く売れる可能性がありますが高く売れるチャンスを
失います。」

多くのネット上の不動産売却のサイトはこの点を複数の業者が自社で媒介契約がしたいために値段に差異がでると指摘しています。

ですが当サイトではそれはまちがいであると考えています。

そもそも値段を決めるのは売主です。

売主自身が高めに売るのか。

それとも相場より安めで売るにかを決めます。

もしも売主が相場よりも高めに設定をすれば当然に不動産の売却まで時間がかかるでしょう。

また買主が相場よりも低めに設定をすればこれまた当然に不動産がすぐに売れるかもしれません。高めに売れる機会を喪失したものの早く現金が回収できれば急いで売れれば
もしも早く売りたいのであれば
あなたにとってメリットになります。

そもそも不動産の査定の価格は買主が決めるものです。

ネット上のサイトではとかく複数業者の事情について議論されています。

ですがそもそもあなたにとってそのようなことは一切関係がないはずです。

複数業者で依頼する理由はあなた自身が判断の拠り所となる査定の根拠を多く知ることができるからです。

不動産無料査定をあなた自身が乗りこなす必要があります。

それは宅建の勉強をしろといっているのではありません。

不動産無料査定で6社依頼したとします。

あなたはノートを用意します。

各担当者にあなたの不動産のメリットを聞いてみましょう。

そしてノートに記してみましょう。

次にあなたの不動産のデメリットを聞いてみましょう。

そしてまたノートに記してみましょう。

そのノートがあなた自身の不動産売却の値段設定の拠り所になるのです。

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

不動産無料査定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

  不動産さんざん売却君紹介   不動産さんざん売却君一覧

andy72

関連記事

  • 家購入

  • Hachioji

  • Fugisawa City

  • 特定空き家

  • Kokubunji City

  • Musahino