1. TOP
  2. 未分類
  3. 仮住まい 注意

仮住まい 注意

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 26 Views

仮住いとは一時的に住む仮の家のことです。既存の家を建て替えする際に一時的に
移動して住む家の事です。建て替えですから当然荷物を移動することが必要です。
新築を決断するのも大変ですが,実は仮住まいはもっと大変です。
 ここで気をつけたいのは空き家などはピッタリだなと思う方もおられるかもしれません。ですが気持ち悪いという感覚も必要です。
 安い金額となるとボロボロの上でとても耐えられないという事で移動する人もいます。
建て替えや住み替えで住宅に住めなくなり探すのが必要になります。
またリフォームでも水回りと中心とした改装では仮住まいを余儀なくされる場合もあります。この仮住まいを誰に頼むかという問題ですが自然な流れから新築ならその営業マンから紹介してもらうケースが多いです。もちろん自分で探すのもありです。
またここだけの話ですが不動産無料一括査定などをした場合に営業マンの名刺をもらえるでしょうからその人に仮住まいの心当たりはないか聞いてつばをつけとくのもいいかもしれません。そういうネットワークでしか仮住まいは見つからないものです。
 知り合いの家になるパターンも当然見られます。その場合に注意していただきたいのは
きちんと契約書を交わすという事です。不動産屋の仲介手数料が発生してもそれは省略しないでほしいですね。
 そこでトラブルになるとせっかくの新築がだいなしです。新築など大きなお金を動くステップで注意していただきたいのが細かい点です。大きなお金のトラブルは普通にしていればありません。ですが以外とこういった思いがけない時にとらぶったりするものです。
それを回避するにはきちんと契約書を交わす。知り合い同士でも不動産業者に頼んで契約書を作成してもらう。仲介手数料も1ケ月分×消費税です。
ここはもったいつけることではりません。住宅ローンの諸費用にも充当できる場合もあるのでぜひ確認しておきましょう。
 最後に仮住まいで最も気をつけてほしいポイントがあります。
それはストーブや暖房器具でそなえつけの家の物は使わないという点です。
一見ラッキーと思ってしまいます。今から冬です。ですが電化製品から火がでた場合の責任は大変です。仮住まいのポイントは既存の電化製品は使わないという点で
ここは要チェックです。 ベットなどは大丈夫です。
ペットのいる場合はトイレについて明確にした方がいいですね。
なかなか仮住まいはないものです。不動産無料査定の営業マンが一番いいかもしれませんね。
できる営業マンは情報をストックしているものです。
仮住まいですが荷物が多い場合に荷物だけでも置いておいた方がいいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

  不動産さんざん売却君紹介   不動産さんざん売却君一覧

andy72

関連記事

  • Hachioji

  • Musahino

  • 不動産売却申し込みとはそもそも何?

  • 不動産無料査定とは何か,不動産無料査定の意外な側面とは?

  • ソニー不動産の売主特化を理解してあなたの不動産売却に役立てる

  • 固定資産税の高い港区の不動産売却とアパートが多い特徴のある八王子の不動産売却を分析