1. TOP
  2. 未分類
  3. 修繕積立費用

修繕積立費用

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 19 Views

修繕積立費用と管理費

マンションを購入したり売却したりする際に毎月の返済金額プラス管理費と修繕費について検討する必要があります。マンションを売却する人は毎月の返済は関係ないと考えていませんか。それはまちがいです。買主のみになって考える。もしも自分のマンションが売れたらいくらになるか。考えた時に支払はいくらだろうとシミレーションして相手の身になって考えることが先決です。
 多くの不動産売却を考えている人達はそこまで考えません。
修繕積立費と管理費の位置についてもあなたの中で明確にしておく必要があります。
 マンションを売却したい人で自分のマンションの修繕費が意外と高く気になっている人はいませんか。きちんと説明できることは大切です。少々修繕積立費用が高くても
修繕積立費用は安ければいいと購入者は単純に考えてしまいがちですがそれはまちがいです。将来多くの費用が必要になった時にたくさん積み立ててあれば安心です。
貯金のようなものです。マンションの共有分は高額な修繕費が必要になる場合もあります。
将来どのくらいお金がかかるか。そういった問題がマンションにははらんでいます。

そもそも修繕積立費用とは何か

そもそも修繕日積立費用とは何か。原点にもどって頭を整理していきましょう。
 修繕積立費用とは建物の診断や修繕を行うために充当させられるお金の費用の事です。
マンションの所有者から毎月決まった金額を徴収して将来に未来に備えていくものです。
気になる毎月の金額はどうやって決められるかといいますと長期修繕計画によってきめられていきます。長期修繕計画は老朽化をなるべく防いで所有者がよりよく生活を維持するための管理組合が作成する計画です。
マンションの耐用年数は比較的長いものです。ですが外壁や屋根や建物の設備などは一定期間を経て点検しなければいけません。エレベーターなどの設備関係はなるほどとおもわれるはずです。

管理費とは保守や点検費用

 修繕積立費用を理解する上で管理費とは何かという点をきちんと確認したいと思います。
修繕管理費そうじや水道光熱費も含まれます。もちろん人件費も含んでいます。

修繕積立費と管理費を混合しないようにしていきましょう。
大規模修繕は何年もかかるケースがあります。

また修繕積立費用は新築物件は安くなっていると考えがちですが実はそんな事はないのです。
一番注意したいのは不動産会社が数年後に値上げする事もあるのです。
それは契約書というよりもむしろ重要事項説明書で同記載されているかしっかり確認しておく必要がるといえます。どうしても家を買うのは中古より新築がいいと思いがちです。
修繕積立費用が安いと思われがちだからです。
修繕工事をしないという選択肢もあります。多数決なので状況は変わります。
それはそれで老朽化が進みます。
 不動産を売却する際の修繕積立費用ですが未納部分があればどうすればいいのでしょうか。それをそのまま買主に引き継ぐ代わりに本体価格を安くするという手法もあります。
この時に売主が気をつけたいのは借金を残さないという点です。
買った値段より安くても借金を残さなければその不動産売買は成功といえるでしょう。
一方買主の方でも修繕積立費用が未納だからリストから外すのではなくて逆に値段交渉のチャンスととらえて修繕積立費用を買主側で払うから本体を安くしてくださいという交渉も全然ありだと考えています。いずれにしても修繕積立費用は不動産売却や購入の切り札的カードになる点を覚えておいてください。

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

  不動産さんざん売却君紹介   不動産さんざん売却君一覧

andy72

関連記事

  • 家を高く売る方法ガイド

  • Fugisawa City

  • マンションを売りに出しているのに買主がみつからない。マンションが売れない悩みをもっている方の3つの解決方法とは?

  • 札幌不動産店でスプレー穴開け爆発

  • Japan’s Summer of Deadly Disasters: Earthquakes, Typhoons and Heat.

  • 48歳、不倫されて別れた女をなお愛す男の意地記事分析・・有責配偶者とはそもそも何か?