1. TOP
  2. 未分類
  3. 固定資産税の高い港区の不動産売却とアパートが多い特徴のある八王子の不動産売却を分析

固定資産税の高い港区の不動産売却とアパートが多い特徴のある八王子の不動産売却を分析

未分類
この記事は約 7 分で読めます。 27 Views

  

港区不動産売却

  

港区で不動産を所有されている方は相続税がかかると考えてまずまちがいがないでしょう

  

港区で不動産を所有している事に価値があるというよりもむしろ現金に変えていかに相続税の対策ができるかたにかかっているでしょう。

  

何も対応をせずにまんぜんと過ごせば相続税の対応になるでしょう。

  

相続税の今回の改正点をきちんと把握して

  

お子さん達が苦しまないようにきちんと手をうたなければなりません。

  

そういった方法は誰も教えてくれないかもしれません

  

税理士も投資をすすめられるケースがあります。

  

横に不動産投資会社が並んでいる場合があります。

  

そのような中できちんと相談相手を選んでジャッチすることがとても大切になります。

  

それは重要なのです。

  

港区の不動産は固定資産税も高く売却するのならオリンピック前に今がベストなタイミングになっていくのではないでしょうか。

  

港区で不動産を売りたい!といったら買いたい人はたくさんいると思います。

  

ですがそれでよりよく高く売却するためにはどうするかを考えていきたいそのような方に最適のアドバイスを当サイトではさせていただきます。

  

どこの不動産さんに頼んでもいい値段で不動産は売却できるでしょう。

  

ですがより高く適切な価格で売るための当サイトの視点を正直にお伝えさせていただきます。

  

港区の不動産つまり街の不動産屋に販売を依頼すべきでしょうか?結論から申し上げますとノーです。

  

街の不動産屋さんの質の問題ではありません。

  

街の不動産屋は地域密着すぎてあなは不動産を高く売る可能性を喪失する場合があるという事です。

  

ちょっとわかりにくいですが例を挙げて説明します。

  

例えばあなたが不動産を5億円で売却したい。そう考えていたとします。

  

固定資産の評価からみてもそれは妥当といえる場合があります。

  

ここで街の不動産屋さんに頼むとします。

  

社長は顔が広いでしょう。夜な夜な街のくりだしているかわかりませんが。

  

きちんと投資家のリストはもっていると考えるのが妥当です。

  

また自ら保有したいと考えるでしょう

  

買主ときちんと人間関係ができている場合がある

  

そういえるでしょう

  

この点があなたが高く売却できる可能性を喪失する可能性があるといえるのです

  

5億で売りたい。でも街の不動産屋は相手をたてて4億でどうですか?といわれる可能性があります。

  

 売れなければ0円です

  

時を逃す。そういう視点も正解です。

  

正解だから悩むのです。

  

街の不動産屋で地域に密着していればしているほど相手つまり買主の顔をたてるのです。

  

例えばあなたが裁判をしたとします。

  

あなたが原告で弁護士がいて弁護士にいろいろ話しているのにその弁護士が被告の弁護士と同じだったら嫌じゃないですか?これが今の日本の不動産の仲介で起こる現象なのです。

  

ではこうした事態を打破してあなたの希望通りの金額で売り抜ける不動産屋はどこか?

  

それは売主側に特化した不動産屋です。

  

それはどこかソニー不動産です。エリア限定東京千葉埼玉神奈川と地域を限定しています。

  

この地域に強い。

  

赤字がどうだこうだという人がいますが仲介ですので関係ないのです。

   

 要するにあなたの不動産屋が高く売れればそれでいいのです。

  

わかりますか?ここはとても大事なポイントなのです。

 

当サイトの上記のリンクからソニー不動産の公式サイトにリンクしています。

 

ぜひお気に入りに登録してください。有益な情報をお蔦していきます。

 

誰も教えてくれなかった情報を入手できるかであなたの不動産の今後が決まります。

 

一番大切なのは高く売れる事なのです。

 

この原点からスタートしましょう!

 

八王子の不動産売却分析

 

八王子市不動産売却に分析していきます

 

八王子は21前後の大学があります。

 

学生で活気だっておりアパート経営をされている人も多いでしょう。

 

アパートは常に新築のアパートが増えていきます。

 

若い学生はシンプルですからより新しいアパートに流れています。

 

こうなってくると減価償却がとれなくなって固定資産税が高いアパートは早めに売却することをおすすめします。

 

これは大学の今後の活性度にもかかわってきます。

 

少子高齢化で

 

人数が少なくなってきていきます。

 

昭和47年生まれくらいの人でしたらベビーブームでたくさんの学生がいました。

 

大学の定員も5倍6倍とたくさんの人がいました。ですが今時代は人口増加は逆行しており人口は大きく減少しているのは誰の目にも明らかです。

 

ここでポイントとなる大学の未来という点を考えていきます。

 

これは八王子市の不動産の将来にも直結していきます。

 

文科省は国際化に貢献している大学ほど補助金がでる仕組みがあります。

 

言い方が正解かわかりませんが留学生が多い大学や教職員に海外でPHDをとった教員を採用するなど大学はとても重要視されています。

 

ですがらはたからみて国際化して

 

いる大学は生き残りをかけて手をうっているといえるでしょう。

 

あなたの八王子周辺の大学を見渡してみてください。留学生に力を入れているなとわかる大学もあります。

 

また東京オリンピックもあります。2020年前までに不動産を売却するのもいいでしょう。

 

結論から言うと建築15年を超えているアパートを持っている方は早く売却した方が得策です。

 

それで新しいアパートを建築するのが賢いでしょう。

 

相続税の改正もありました。

 

黙って古いアパートを持っている人で苦しむ方がでてくる事も当サイトでは予測しています。

 

土地も住宅もマンションも売った方がいいです。その中で一番売った方がいいのがアパートなのです。

 

アパートが売れにくい本質は何か?あなたはわかりますか?当サイトをお気に入りに登録してくださるあなたにお伝えします。

 

結論から申し上げますけど中古のアパートは長期ローンがない点です。

 

長期ローンがないから利回りがまわりません。一方新築のアパートであると30年や35年と利回りが回ります。

 

ですからある意味誰でもスタートできます。ですが中古のアパートであれば

 

築15年のアパートであれば融資がないので購入者が極端に限定されます。

 

それでも購入者がいるうちに売却するのが得策です。

 

また時間がたてば飽和状態で売れないアパートはなお目立ってくるのです。

 

これはとても大切です

 

今賃借人がアパートにいても5年後10年後を考えていかがでしょうか?

 

どうなるか不安になりませんか?またあなたのアパートを相続していくお子さん達が何らアパート経営に興味がない。

 

そういう方も多いと思います。

 

それが悩みなら余計に今不動産を売却した方がいいと思います。

 

では地域密着の不動産屋に言えば高く売れる可能性が高いでしょうか?

 

結論からいうと当サイトでおススメするのは街の不動産屋ではなくてエリア限定のソニー不動産です。売主のみのエージェントです。

 

ではなぜ街の不動産屋をおすすめしないのでしょうか?街の不動産屋は地元で投資用物件を購入する買主をみつけてくるかもしれません。

 

ですが買主と仲が良すぎる場合があります。

 

これだとあなたが借りに4000万円でアパートを売りたくて固定資産の評価もあって売れたとしても3500万円で買い付けをいれられて押し通される可能性が浮上します。

 

街の不動産屋は買主の顔をたてる可能性がでてくるからです。

 

仮にあなたが裁判で原告になって例えばですよ。

 

あなたの弁護士と敵である被告の弁護士が同じだったらイヤじゃないですか?これがあなたのみの弁護士になりますよ。

 

あなただけの見方になりますよ。

 

というのがソニー不動産なのです。

 

これがソニー不動産をおすすめする理由です。

 

ぜひ当サイトの上記のリンクをクリックしてくださいね!。

 

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

  不動産さんざん売却君紹介   不動産さんざん売却君一覧

andy72

関連記事

  • マンションで騒音がある場合の不動産売却の注意点とは?

  • 離婚不動産売却タイミング

  • 日当たり

  • 不動産売却申し込みとはそもそも何?

  • BANKRUPTCY IN JAPAN

  • 修繕積立費用