1. TOP
  2. 未分類
  3. 日当たり

日当たり

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 30 Views

不動産売却の際の買主への日当たりの説明

不動産を売却する際に住んでいる状態で売りに出すことがあります。

買主から説明を受けて日にちと内見の日取りを決めます。

日曜日の2時に内見に来ますと約束したとします。

買主希望者が不動産を内見する際にまず第一前提は絶対にお金の話を直接しないという事です。

あえて売主と買主が話をするとすればリモコンの使い方や設備の状態の説明に限られます。

あまりしゃべりすぎてもダメなものです。

親しく話せばいいというものでもありません

売主の緊張感を忘れないでください。

では内見希望者が見学の際にもっとも重要視する話題があります。

それは何でしょうか。

それはひあたりです。

ひあたりの説明は売主の得意科目であり売主は徹底的に日当たりのメリットを内見者に説明すべきです。

あえていうならばデメリットをも説明することで信頼につながります。

中古物件を購入したりマンションを買ったりする人の気持ちを考えてみましょう。

もっとも気になるのひとつに日当たりがあります。

景色がいいのに後で建物がたったそんな集団訴訟もあります。

訴えられても負けない方法を後で記載します。

どの不動産売却サイトにも載っていませんので注意深く読んでみてくださいね、

多くの人が南向きがいい!そう断言します。ですがそれはまちがいです。

住む人のライフスタイルによってどの向きがいいか異なります。

ずっと十何年前の話ですが住宅会社で勤務していた時の体験です。営業マンを集めてセミナーがありました。

最初は皆だらーんと聞いていました。

ですがみるみる営業マンの姿勢が変わっていきました。

すごい話をしていたのです。

北向きの照明のヘルツは子供の勉強にいいなどそのような内容です。

そう考えると住まわれる人と方位はとても重要で不動産の売主の立場として具体的な

メリットを口で説明できる。

生活感を話すという事は説得力に満ち溢れるものです。

日本は南向きの家がとても人気があります。

その根源はどこからくるのでしょうか。

日本列島の大部分は温帯気候にあり春や夏そして秋と冬と変化していきます。

四季が引き起こすのは降水量と気温に変化があり、ここから多くのカビが発生します。

このカビを防ぐために南向き信仰ではありませんが南向き重視の家が数多く作られています。

一番人気は南向きです。

次は東向きです。

その次は西向きです。

最後の人気は北向きではないでしょうか。

 

南向きの家の特徴は専業主婦の方にピッタリ

もしもあなたの家があれば季節も問わず明るく湿気が入りにくい点を伝えましょう。

一方南向きのデメリットとすれば日当たりはいいですがリビングが日焼けしたりするデメリットもあります。

何よりも常に開口するため道から人が見えるかもしれません。

不動産売却の売主ときちんと説明するようにしましょう。

何はともあれ日本は南向きだ大人気です。

自身をもってアピールしましょう。

東向きの家の特徴は早起きの人にピッタリ

 

東向きの人は早起きの人にぴったりといえるでしょう。

また寝室が西向きにある場合は日が入らないので夜勤の人に向いているのではないでしょうか。

まさに夜勤の人にピッタリというわけです。

もしもあなたの家が東向きならそういう説明もしてみるのもいいでしょう。

北向きの家のメリットは家具や床が日焼けしない

もしもあなたの不動産が北向きの家だとしましょう。

メリットは家の中が日焼けしないということです。

また順光のために家の中から外はきれいにみえるかもしれないという点です。

北側向きの家の人のメリットは仕事ばかりしていて日中ほとんど家にいないサラリーマンに向いているといえるでしょう。

不動産を売却する際に注意したいのは日当たりと風とおしです。特にタバコを吸う人は必ず家を半日喚起しておきましょう。

内見するのにタバコを吸うとニオイが残り内見者のマイナスポイントになるのを何度も見てきました。

また日当たりのいい場所に大きな棚などを置いていませんか。

多くの人がそのような状態でいます。

一番のポイントは自分では気が付かないという点です。ずっと住んでいるので意識にないという点です。換気扇を綺麗にするのもいいでしょう。

明るい家にする方法

明るい家にする方法に証明を変えてみるという手法があります。

<

それだけでイメージが変わり家が早く売れるのなら越したことはありません。

多くの人が南向きの家が最もベストと考えています。ですがそれはまちがいです。

その家族によってベストな日当たりがあります。

不動産売却の売主として何をすべきか。日当たりは変えることはできません。

ですがあなた自身があなたの家の日当たりをよく知りよくわかりより工夫することによって素晴らしい日当たりを導き出すことができるのです。

やっぱり何十年も住んでいると自分の家の良さや悪さが見えなくなります。

話は脱線しますがアトピーの原因とされる家の事情があります。何だかわかりますか

ホコリだらけなどいろいろな理由が浮かびます

ある一つの局部的な見解です

そのひとつに選択があります。えっ何?と思いませんでしたか?

多くの人が意外に思われるはずです。

なぜ洗濯機かといいますと洗濯機を買いかえずに数十年使っているからです。

何年も何年も同じ洗濯機を使っています。

すると洗濯機はばい菌でいっぱいになります。

ですが洗濯機に洗濯物を入れると洗濯物はきれいになります。

ここです。ここで見えなくなっているのです。

洗濯機で見た目はきれいになったと思っても実はほこりやばい菌にまみれているケースがあります。

もしもアトピーで悩んでいる方がいればこの話をしてあげましょう。

もちろん一概に洗濯機がアトピーの原因とはいえません。

ですがそういった原因もあるという事です。

近すぎで見えなくなるという点をお伝えしたいのです。

最後になりますが住宅購入者が景観が良いと説明されて購入して後で景観がそこなった場合の訴訟の話をしました。

景観が損なってこんなはずじゃないと集団訴訟をしましたが裁判では負けました。そこまで未来の外観を保証すべきものではないという内容だったと思います。

ですが買主が勝つケースはどのようなケースだと思いますか?景観の事前説明でです。

それは特別な目的のために購入した場合です

例えば絵画をやっていてそのためにこの家を購入した。

事前にフィットした物件だと説明を受けでも話が違った。

 例えはよかったかわかりませんがこのようなケースで裁判で負けるケースが際立っています。

ここから明らかなのは特有の目的できた内見者にはちょっとキュッと心を引き締めて話してみましょう。

もしも住宅の営業マンがこの事を知らなかったら教えてあげましょう。

きっとあなたに一目置くはずです。多くの人がここまで考えていません。

日当たりでの解説はじまりましたが人間は肌から感じるものはものすごく重要視する傾向があります。

潜在意識に刷り込まれます

住宅の内見はいっせいいちだいの勝負です

風通しをするのともう一つやってほしいのはカーテンを全部あける。

明かりをいっぱいいれる状態にするという点と家中の電気を全部つけるという点です。

これはとても重要です。家が暗いというのは第一印象を損ないます

家中の電気をすべてつける。こういった工夫もものすごく重要です

ぜひあなたに実践していただきたい内容を記載しました

この情報はどこの不動産売却サイトにも掲載されていません

この不動産売却サイトから無料登録をしていただける方にと考えてあますことなく情報を網羅しました

 

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

  不動産さんざん売却君紹介   不動産さんざん売却君一覧

andy72

関連記事

  • 空き家 注意

  • 住宅購入

  • 札幌不動産店でスプレー穴開け爆発

  • Koganei City

  • 自宅売却ハウスクリーニングをすべき理由

  • マンションを高く売る方法はマンション売却の質問の回答にあり