1. TOP
  2. 未分類
  3. 空き家 注意

空き家 注意

未分類
この記事は約 6 分で読めます。 24 Views

特定空き家とは?

特定空き家とは市町村が危険と判断する衛生上に害があると判断して

家または景観を損なうと判断した家を特定空き家と指定して強制的に修繕・解体の勧告・命令の権限をもったことを指します

空き家の持ち主は市かあら過料・修繕・解体を市が徴収できるようになりました。今の日本では820万戸が空き家だといわれています

およそ7.4戸のうちの1戸が空き家だと言われています。海外と比較して日本は空き家がとても多いと言えます

イギリスの空き家率は3%くらいではないでしょうか

日本の空き家の発生率の原因は東京や地方都市の駅前の一極集中が挙げられます

空き家は増加のいっとをたどっています。空き家はこれからますます増えていくのは誰の目にも明らかです

不動産を売却するのであれば今が最高のチャンスというのを忘れてはなりません

わかってて動かない

それが私達ではないでしょうか

空き家を放置すれば不法侵入や家事などとても危険な状態が待っているといえます

所有の確認ができない空き家の撤去も実際に存在しています

実家を離れて遠く離れた地域で新しい家をもって生活している人も多いでしょう

空き家対策法というのは遠く離れた親戚にも請求が発生します

実の親のみならず遠く離れた親戚にもいろいろ発生するケースがでてきます

法定相続人として請求ができるのです。ふと考えてみてくださ

親戚に結婚していない人はいませんか?

親の兄弟に結婚していない人がいないか思い浮かべてください

十分法定相続人になる可能性は誰にでもあるのです

ともかく日本は持ち家の可能性がとても高いのです

持ち家志向というのもあります

少子高齢化に向かっています

誰もがわかっているのですが空き家の不安と恐怖というのは誰もわかっていないのです

特定空き家というのは必然的に表れた制度ともいえるのです

特定空き家の制度で税金はどうなる?そういった質問があります

特定空き家では税金が6倍になるという考えで感覚的にはそれでいいと思います

ただ厳密に言えば税額の負担がそのまま6倍になるというわけではありません

課税標準とは主観的に言い換えると土地の評価額といえるでしょう

その評価額の金額に税負担の調整をしたものが課税標準となります

住宅用地の一般的な広さは軽減されていると考えてみましょう

面積が60.5坪のまでたと1/6,60.5坪を超える面積は1/3が課税標準となっています

特定空き家に指定されるということはすなわち住宅用地をみられなくなっていくいのがです

課税標準に1.4%かけた数字が国税資産税の税額になります

あなたの固定資産税がいくらか自分で把握する必要があります

納税通知をどこにやったかわからに方は市役所にいけば申請して交付してもらえます

例えば評価が3000万円の土地があったとします

特定空き家前の住宅用地の固定資産税です。課税標準=評価額2000万円×1/6=500万円です

固定資産税は税率1.4パーセントとなります

これで特定空き家指定後の課税標準=評価額3000万円×1.4%420000-46620円=373380円です

これらのデーターを把握するときっと役に立ちます

普通のマイホームに住んでいる人は固定資産税が結構優遇されているのです

空き家の固定資産税

ちなみに固定資産税は年1回で支払うことができますが,4回に分けて支払うこともできます

固定資産税が未納になるとマイホームに差押えがきます

競売に実行されるかというとそんなことはないのです

競売にするのは一番の住宅ローンの会社になってきます

市役所が競売にかけるという事はありません

これは誰も教えてくれない内容ですのでぜひお気に入りに登録してください

ぜひそうしてください。なぜか?なぜ市が競売にかけないか?滞納額があるのに

ここまで読んでいただいたあなたのためにお答えしましょう

それはお金がかかるからなのです

特定空き家で解体。特定空き家の解体費用はいったい誰が支払うのでしょうか

行政が解体するので自分には関係ない

そう考えている人も少なくないでしょう

ですがこの解体費用はまわりまわって法定相続人の所にきます

それでも請求しても払わなければあなたの財産や給料に差押えがきます

結局解体費用は自己負担なのです

解体費用を負担したところで固定資産税は高いままなのです

ここで再度チェックしてほしいのは特定空き家に指定されると土地のそのままの状態で評価されるので固定資産税が6倍に跳ね上げるともいえる金額がはねあがるのです

この怖さを見にしみる必要があります。ではどうすればいいのか

何も対応しなかれば一生固定資産税がかかります

毎年毎年死ぬまで固定資産税がかかります

その固定資産税を回避するにはどうしたらいいか

それはその不動産を売却してしまうしかありません

当たり前の確認ですが,毎年継続して払っていた固定資産税も売却すれば永久に払わなくていいのです

この当たり前のような事項をきちんと覚えておかなければなりません

仮に毎年20万円の固定資産税を払っていたとします

10年たつといくらでしょうか

200万円です。20年でいくらでしょうか

400万円です

この当たり前のような事をあなたは理解しているのでしょうか

ということなのです

なにげなくチャンスを見逃すこともあります

当たり前すぎて大事な対応に遅れをとることもあります

そのような反省も包含してぜひ当サイトの上記リンクから無料で売却の査定をしていただきたいと考えています

特定空き家に指定されないために一時的に対策をとることもいいかもしれません

売却以外の方法でです。ですが建物は老朽化していきます

大体は木造です。またコンクリートであれば解体費用がむちゃクチャ高いです

もしかしたら解体できません!と言われるかもしれません

それほどお金がかかるというサインです

特定空き家の指定基準に3つあります

保安上危険・衛生上有害そして3つ目が景観を損なっている

この3つが大きな原因となります

あらためて確認ですが空き家になっているという住宅の多くは築年が経過しています

テレビのアンテナが傾いていると保安上危険といえるでしょう

風が吹いたら危険です

風邪でとんでいったら大変な事です

新潟の火事が記憶に新しいかもしれません

特定空き家の指定基準とは個別の事案にそって適切に判断していくこともあります

特定空き家というのは日本の未来に大きく営業があるでしょう

高齢者が亡くなれば住居人も不存在になり特定空き家になる可能性が高いです

空き家の相続のリスクについて最後は言及していきたいと思います

財産を相続する場合があるかもしれません

借金を相続するケースもあるかもしれません

ですが相続で突然空き家を相続する可能性もあるという事です

ここで知っておきたいのは相続放棄の制度です

被相続人が相続である事を知ってから3ケ月経過すると相続放棄ができなくなります

これは「知ってから」です。死亡してからではありません

死亡を知るのは1.2日中には遅くても相続人に伝わるのが常識だと思います

当然ただちにわかるものとしてです。ここでぜひ覚えておいてほしいのが借金を死亡後見つけたらどうなるか?です

結論からいいますと借金の存在を知ってから

3ケ月以内になります。裁判所に届けてからともいえます

知らんふりしていればそれまでといえますが日のカウントがずれるとも考えれますが「発見してから1年」です

これが通例です。そんなことがあるかと思っている方も多いかもしれません

ぜすがこういう事はあるのです

実際にそうじをしてたらそうなったという事は大変よくあるものなのです

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

  不動産さんざん売却君紹介   不動産さんざん売却君一覧

andy72

関連記事

  • 媒介契約とはそもそもどのようなものでしょうか? 不動産売却をする時に知っておきたい契約方法とは?

  • Kokubunji City

  • Fugisawa City

  • 土地売却注意

  • BANKRUPTCY IN JAPAN

  • Musahino