1. TOP
  2. 未分類
  3. マンションで騒音がある場合の不動産売却の注意点とは?

マンションで騒音がある場合の不動産売却の注意点とは?

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 67 Views
騒音

不動産を売却する際に騒音をどう対応するか?売買の後に買主に訴えられない方法とは?

マンションを売却した後に騒音について説明がなかったといって訴えられるケースがあります。売却したはいいわ訴えられたらたまったものじゃないですよね。

そう考えるあなたに訴えられない方法をあなただけに伝授します。

そもそも騒音とは何か

そもそも騒音とは何か。うるさい!と人が主観的に思うのには人によって感じ方が異なります。

日常的に生活して様々な音が発生しております。

その音というのは人によってまちまちです。

一般的な音はデジタルdBで表されます。

犬の鳴き声は90~100とします。

ピアノは80~90です。

テレビは60~70です。

住宅の昼の数値が55dB

です。

不動産売却の時に騒音で買主に訴えられない方法

騒音で訴えられる心配がある人にとっておきの方法を結論からお伝えします。

それは不動産売却の際に騒音の事実を重要事項説明書に記載することをおススメします。

えっ!と思う方もいるかもしれません。

ですが騒音で訴えられる売主の要素は騒音それ自体ではなくて

騒音がある事実について売買前に聞かされていなかった。

ここがポイントになるのです。

いいですか。ここはものすごく重要な部分です。

裁判で騒音の事案は比較的時間がかかります。

それは数値化するのも難しいですし

人によって何がうるさいかという感覚も異なります。

決め手は事前に説明したかどうかにかかっています。

仮に重要事項説明書できちんと説明をしていれば

買主が訴えよう!と考えても弁護士に相談して踏みとどまるように

説得されるクッションになるはずです。

仮に騒音について説明が事前になければこれは称賛があるといって

訴訟にふみきられてしまうかもしれません。

不動産売却サイトについてこの点について詳しく説明しているサイトはあまりありません。

ぜひ参考にしてください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

騒音

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

  不動産さんざん売却君紹介   不動産さんざん売却君一覧

andy72

関連記事

  • Musahino

  • 離婚不動産売却タイミング

  • 不動産無料査定 注意!不動産の査定の仕方を理解しよう。

  • BANKRUPTCY IN JAPAN

  • 固定資産税の高い港区の不動産売却とアパートが多い特徴のある八王子の不動産売却を分析

  • 土地売却注意