1. TOP
  2. 任意売却
  3. 自己破産と任意売却

自己破産と任意売却

任意売却
この記事は約 7 分で読めます。 44 Views
自己破産と任意売却

自己破産

自己破産の知ろうとする

自己破産ときくと
多くの人はマイナスのイメージが湧くかもしれません。
借金で苦しんだり不安をおくっている方も多いと思います。
ほとんどの人はお金の悩みについて
何をどう対応していいかわかりません。
どのように生きるかは人それぞれ自由です。
借金をどう対応しようが本人の問題です。
その上でそのような方におすすめしたいのは
自己破産とはそもそも何か
理解する事をおすすめします。
そうすることによってあなたの進むべき道が見えてくることが
あるのです

自己破産の意味

自己破産とは経済的に苦しくなった人が
裁判所に申し立てを行って
財産を清算する手続きのこといいます。
破産法の中では免責という手続きが認められています。
免責という点が認められれば借金をゼロにして
返済を免れることができます。
自己破産の手続きの特徴のひとつに
裁判所に申し立てるという点が挙げられます。

任意売却

任意売却と競売の違い

任意売却という言葉はものすごく
誤解を生みやすいものです。
そもそも任意売却とは何か
ほとんどの人がわかりません
住宅ローンが滞納していて
そもそもそのまま放っておくと
差し押さえがきたり
競売になったり
強制退去になったりしてしまいます。
大きなデメリットがあります。

そのような時にどのように対応をしたらよいかも
わからないものです。
借金とりに質問されても答えを
聞かれても、まずわからないものです。

そういう状況を放置すると競売になります。
やけくそで何でももっていってくれという人も
いるでしょう。
そうなっている人が多いのです。
ですがそうなると競売になります。
家がとられてもまだ続きがあります。
給料まで差し押さえられる場合があるという事です。
ですが任意売却ですと給料までは差し押さえられません。
不動産を売却してストップしてしまいます。
そうなると気持ちもラクです。
再生のスタートも早くなります。

任意売却とはそもそも何?

任意売却とは住宅ローンが延滞している状態で
不動産を売買することです。
競売は売主の署名はいりません。
ですが任意売却の場合は売主の署名捺印が必ずいります。

任意売却をスムーズにするためのコツ

更に一歩深く言えば売主の3ケ月以内の
印鑑証明が必要になります。
夫婦で共有名義になっている場合は
ご主人も奥さんの印鑑証明書もいります。
仮に別居中でなかなか面談がする機会が
なければそれぞれ印鑑証明書をとって
司法書士に預けておくことをおススメします。
権利書なども司法書士に預けておくことを
おススメします。

任意売却では延滞の税金を目いっぱいいれてもらう

任意売却ではあなたの物件が2000万円で売れても
1500万円で売れてもその後は決まった金額で
返済をしていくことになります。
一番抵当の銀行は実質上は関係がなくなります。
であるならば延滞している税金を目いっぱい
配当にいれることでトクします。
自己破産をする場合でも
自己破産をしない場合でも延滞している税金は目いっぱい
いれておくようにしましょう。

任意売却では登記費用と仲介手数料が計上できる

任意売却するからといって経費がかかってしまっては
住宅ローンの支払いの悩みが解決するどころか
悩みは増えてしまいます。
登記費用で30万円とかかります。
不動産会社に支払う仲介手数料も
1000万円なら3%+6万円×1.08で
38,8000円です
そんな大金でてこないのはよくわかります。
ですが任意売却では売却代金の中に入れることができます。
要するに財布の中からお金を手出しする必要がないということです。
不動産が売れた時に売却代金の中から支払えばいいのです。
これが不動産の任意売却のメリットなのです。

任意売却では引っ越し費用が計上できる

任意売却では通例として引っ越し代金を計上できます。
30万円などです。不動産を契約したら引き渡しまで
退去しなければなりません。ですから手付金は
0円にしてそこで30万円ほどもらって
新居を探す方法があります。
競売ですともとろんそんなわけにはいきません。
これが競売と任意売却の違いといってもよいでしょう。

自己破産と任意売却

自己破産と任意売却について解説します。
もしもあなたが自己破産がよくわからない。
任意売却も今ひとつわからない。
でもせっぱつまった状況には間違いない、
そのような方は任意売却の無料のサイトに
申し込むのがコツです。
コツとしては弁護士ではなく不動産会社の
任意売却のサイトに申し込むのがコツです。

自己破産と任意売却のサイトの鋭い分析

不動産売却ガイドではネット上の
自己破産と任意売却のサイトを
徹底的に分析しました。
そしてある特徴を見つけました。
ものすごく面白い発見です。
あなたの進むべき方向性にきっと役立ちます。

不動産がある借金の悩みのサイトのチェック方法

不動産会社だけで運営しているサイトをチェックして無料
の相談をおすすめします。もちろん弁護士の無料相談も
いいでしょう。ですがおおまかな違いがあります。
不動産会社だけの任意売却は自己破産を回避できるとあります。
ですが弁護士中心であれば借金が0になる。
という表記がおおいのです。

借金が0になるという弁護士のサイトには自己破産回避が記載されていない理由とは?

 弁護士主体の任意売却のサイトにどうして自己破産回避の説明がないのでしょうか。
多くの弁護士主体のサイトですべてのサイトではないと考えられます。
ですが当サイトでチェックした限り皆無でした。
なぜ弁護士は自己破産回避をうたわないのでしょうか。
それは自己破産の案件を受注すれば数十万円の報酬になるからです。
自己破産の案件がなければ0円です。
任意売却の場合は不動産会社が仲介手数料をもらえるだけなのです。
この誰も教えてくれない実態を理解する必要があります。
いいとか悪いとかではなくてそういう実態を知ることが必要不可欠です。
あなたには議論している暇はないはずです。

自己破産と任意売却のまとめ

自己破産と任意売却のまとめですがじゃどうすればいいのかという問題が発生します。
自己破産と任意売却のまとめなのですが借金の悩みを抱えている方の悩みを解決する方法としてすぐに任意売却の無料のサイトに申し込みが結論になります。
仮にすでに自己破産の申し立てをしている場合にでもです。
任意売却をすればすべてが良い方向にいきます。
任意売却の後は毎月1万円とか5千円とか払える範囲で
返済していくことになります。
このステップを多くの人が理解していません。
借金問題解決の最短ステップなのです。
何も考えずにまず申し込むことです。
借金とりの不愉快な対応やもしかしたらプロの法律家と相談をして
納得のいかない答えがあったかもしれません。
ですがぜひ覚えておいていただけいたいのが
法律の専門家の答えは全体の一部だという事です。
完璧ではないという回答は意味が違うかもしれません。
それも正解ですが他にもより正解の項があるという事です。
つまり自己破産するしかない。といわれても
任意売却の無料査定でチェックする価値があるということです。
多くの人が借金の悩みで不安をいだき誰に相談もしていいのか
わかりません。
あなたの事を本当に心配してくれている人が
あなたにとって適切な答えをくれるとは限らないものなのです。

自己破産と任意売却の違いから理解するのはものすごく
あなたにとってメリットがあります。

ぜひ任意売却の無料査定に申し込んでみてください。
自己破産で着地するのと任意売却で着地するのでは
その後に人生で大きな違いがでてくるものなのです。

\ SNSでシェアしよう! /

離婚ガイドの注目記事を受け取ろう

自己破産と任意売却

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

離婚ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

  不動産さんざん売却君紹介   不動産さんざん売却君一覧

andy72

関連記事

  • 競売決定通知は任意売却 おススメはズバリ明誠商事

  • 自己破産だけは絶対嫌だ!それなら任意売却をチェック

  • マンションローンきつい

  • 競売決定通知 注意

  • 住宅ローン払えない