1. TOP
  2. イエウール
  3. 中古物件注意は給排水供化程度の状況が悪い場合の解決方法とは?

中古物件注意は給排水供化程度の状況が悪い場合の解決方法とは?

イエウール この記事は約 2 分で読めます。 194 Views
防水工事

中古物件を売却した後に水漏れがしたらどうすればいいでしょうか。この不動産売却ガイドは売主のためのものですが不動産を購入される方にもメリットのある記事を提供しています。この記事を読めば事前のトラブルの回避の方法が理解できます。

 

 

給排水設備が古い場合の中古物件の売買の解決方法とは?

 

判例平成10年に昭和52年の中古マンションを購入した際にすぐにトイレから水漏れが発生して2ケ月の後には台所から水漏れがしました。

買主は買主が給排水設備が古くなった点の説明がなかったと損害賠償請求をしました。不動産会社は「飲用水・電気及び・ガスの供給並びに排水のための施設の整備の状況について」説明義務があります。福岡高裁は平成12年1月28日の判決では不動産会社の役割は整備されている施設がどのようなものかにとどまりこれらの施設は物的状況や隠れた瑕疵の有無と内容は含まないとあります。仲介業者に説明義務はないとの判決です。ですがこの判決で1年間の時間がかかっている点をみなければなりません。トラブルは事前に回避したいものです。その解決方法はただひとつです。給水管を新しくした場合のリフォームの見積もりを添付するのです。売主は説明義務を果たしたことにあたります。契約不適合にはなりません。買主は値引き交渉をできます。

中古物件注意は給排水供化程度の状況が悪い場合の解決方法とは?まとめ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 水漏れ.jpg です

中古物件の売買の際に給排水管の老朽化している可能性がある場合の解決方法を

お伝えしました。不動産を売る方法も買う方法もメリットのある方法です。

ぜひチェックしてください。

 

不動産売却

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

防水工事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!