1. TOP
  2. Can a foreigner sell property in Japan?
  3. 不動産管理 注意

不動産管理 注意

Can a foreigner sell property in Japan?
この記事は約 3 分で読めます。 257 Views
不動産管理

不動産管理会社 注意

不動産管理会社

不動産管理会社について注意すべき点をお伝えします。不動産管理資格というのは

実は免許がいりません。

不動産を仲介するには免許が必要です。

一方で不動産管理は不動産管理システムがあれば誰でもできます。

不動産管理はきついものです。とても大変です。不動産管理会社大手だからいいというものではありませんが不動産管理業界に特化している会社に頼むのが実はコツです。

不動産管理業界は成長過程のプロセスというよりもむしろ答えがない

知っていますか。不動管理業界は成長過程の途上ともいわれます。

ですがこの不動産売却ガイドでは不動産管理業界には対応にこれという正解がないということです。不動産を管理するというのはものすごく大変です。

ですから不動産会社によっては仲介に特化する会社も多いです。

どうせ大変なら売買ばかりで仲介をした方がいいと考えるでしょう。

1件管理してもきちんとお金は入りません。

不動産管理会社の役割は不動産物件のオーナーと入居者の中をとりもち物件の管理を行います。これはすごく大変です。

オーナーと住居環境の保持と改善を図るのはすごく大変です。

オーナーと入居者で裁判沙汰になったりしています。

不動産会社からすれば管理の手数料は安い割には大変な思いをします。

不動産管理会社の業務とは?

賃貸借の媒介

賃貸借の媒介とは物件と入居者をつなぐことです。

不動産の4つの管理業務

  1. 契約管理業務

解約や契約の更新業務また賃料が延滞した時の徴収業務

  1. 物件管理業務・建物や設備管理業務
  2. コンサルテイング業務

賃貸管理契約の策定・管理・助言・修繕建て替え計画の案

  1. その他

防火や防災そして防犯等の警備管理業務

こうしてみると結構大変な気がしませんか。

不動産管理会社を探す注意点

媒介契約

貸主が依頼できる宅地建物業者は複数社です。

入居者選定や賃貸契約のヘルプのみです。

代理契約

貸主が頼める業者は1社だけです。補助だけではなく入居者の審査や賃貸契約の締結まで

してくれます。

不動産管理注意まとめ

不動産管理について述べてきましたが管理という言葉にきちんとした

境界線が存在しないという点をお伝えします。

どういう事かというと不動産を売買する時は宅建業法に基づいて

安全な取引を行います。

ですが宅建業法が規制する内容は宅地・建物の陳謝の媒介や代理に限定されているため不動産賃貸業それ自体に宅建業法の規制がかからないのです。

この点はこれから管理を依頼する人がぜひ覚えておいていただきたい点なのです。

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

不動産管理

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

  不動産さんざん売却君紹介   不動産さんざん売却君一覧

andy72

関連記事

  • 中古物件

  • Kawagoe City

  • 不動産査定

  • Chiba

  • 不動産買取業者おすすめ情報

  • 不動産管理は武蔵コーポレーションのやり方をチェック

Translate »