1. TOP
  2. 火災保険
  3. 火災保険請求家調で最適な保険金を決定させる台風19号まだOK

火災保険請求家調で最適な保険金を決定させる台風19号まだOK

火災保険 この記事は約 4 分で読めます。 164 Views

不動産売却は台風19号の火災保険請求で住宅を修繕してから売るのがコツ

あなたは今からでも台風19号の火災保険の給付金を受け取れることを知っていますか?

2019年10月12日の台風19号から時間がたっていますが今からでも間に合います

私が2019年の10月12日の台風19号で火災保険の請求をしたのは昨年末です。台風から時間がたっていましたが家調さんのおかげてこれだけの給付金がおりました。(写真掲載予定)

私は火災保険請求で50万円の給付金をいただきました。それがこの証拠です

火災保険台風被害とは?

火災保険台風被害と聞くと火事をイメージしてしまいませんか? それは間違いです。火災保険というのは風の被害がまず対象になります。 多くの人は本当は今もらえる状況がそろっているのに自覚をしていない方が多いものです。また地元リフォーム業者に火災保険の請求をしても本来もらえるはずの金額がもらえないケースが多いのです。

どうしていいかわかならい。でも修繕費用を保険でもらえるのならもらいたい 損をしなくない。そのような方は今すぐ全国無料調査の家調にお申込みをしてください。

火災保険請求の流れとは?

自然災害に遭遇する。今でいえば2019年10月12日の台風19号です。

保険会社に連絡をいれると見積もりと写真を送ってくださいと言われます。

リフォーム業者が現地をみて写真を取りあなたにお渡しする。

あなたから保険会社に修繕見積もりと写真を送付する。

火災保険請求で失敗している実態とは?

火災保険請求で数多くの人が失敗しています。 実は私もその一人だったのです。

家調をおすすめする理由とは?

家調について不安があったのでサポートセンターに電話で聞くと 家調には顧問弁護士もついています。 という回答が得られました。 ここで私の火災保険をつかった実際の体験を申し上げます。

火災保険請求漏れの理由をあなたは知っていますか?

多くの人が対象なのに保険金をもらいそびれています。 その理由をあなただけにお伝えいたします。 結論から申し上げます。リフォーム業者が屋根の上に登って見ないからです。 実は私もこのような経験があります。 そこであきらめましたが後で気がついて高い所をチェックできる業者に巡り合えました。 それが全国無料対象の家調なのです。

業者によって火災保険の金額が違ってくる現実

調査を依頼するリフォーム会社によって給付の金額が大きく異なっているのが実態です。 本当はもらえるのにもらっていない。そのような人もいます。 台風19号ですでに火災保険をもらったが今からも遅くないか? この点も誤解されがちですが新たな被害箇所を見つけて請求すれば法的には 問題ありません。そのような方こそ家調をおススメいたします。

台風

直近でいえば2019年10月12日の台風19号です。

大雪

大雪

大雪でやられるのは瓦のズレです。被害の実感がなくても大雪の後に屋根を登ってみれば瓦がズレているという点があります。

水害

水害

水害で既に火災保険をもらっている方もいるかもしれません。ですがそんな方にこそおススメしたいのが家調の調査です。なぜか。それは水害の場合はリフォーム会社も忙しくなおさら屋根の上にのぼらずにきちんと被害状況を見つけきれていない可能性は大なのです。 仮に2019年10月12日の台風19号で火災保険をもらってしまったとします。ですがまだ大丈夫です。部位が違えば同じく火災保険の請求ができるのです。

火事

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 火事-1-1024x683.jpg です

地震

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 地震-1-1024x683.jpg です

地震で誰も教えてくれなかった注意するべきポイントがあります。 火事と地震は火災保険のイメージが湧きますが実は風の被害が含むのがポイント 火災保険と聞くとどうしても火事と地震に限定して考えてしまいます。ここをクリアにするにはとりあえず無料で現地をチェックしてもらう事をおススメいたします。

火災保険請求家調で最適な保険金を決定させる台風19号まだOK

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 風-1-1024x684.jpg です

火災保険請求コツは家調の全国無料対応がおすすめです。 

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!