1. TOP
  2. 任意売却
  3. 競売決定通知 注意

競売決定通知 注意

任意売却
この記事は約 7 分で読めます。 151 Views

競売決定通知

競売決定通知がきました。さあどうする?
そう考えている方はぜひこちらのサイトをチェックしてください
順番に具体的な対処法をお伝えしていきます。

差し押さえ

まず差し押さえの注意をお伝えします
差し押さえがきたらぜひ知っておきたい点があります。
それはあなた自身が家を手放す気があるかどうかです。
もしもすでに自宅を手放す覚悟ができていたとします。
そのような方は現在延滞している毎月の返済の金額を払う必要があります。
任意売却にするべきです。
延滞しているお金を払えと言われて払ったところで状況は変わりません。
例えば既に6ケ月の延滞をしていたとします。
すでに家を手放す気持ちでいます。
それで遅れている2ケ月分を支払っていも意味がありません。
多くの人はこの点をよく理解していません。

裁判所競売と競売家の関係

差し押さえがきてもすぐに家から退去しなければいけないわけではありません。
多くの人は差し押さえがくるとすぐに退去しなければならない。
家からでなきゃならない。
そう考える人がいます。
一昔前は家に張り紙がはってありました。
現在であれば即アウトという印象です。
ですがたまにそんな人がいます。
どういう事かというと競売で落札した人です。
早くでていってほしいためにそういう人がいます。
比較的に70代の人とか昔の感覚でやっている人がいます。
理屈でかっていてもそんなことをされたらたまったものではありません
マンション売る土地売るなど不動産を売る場合はサイトから任意売却を申し込むのを
おすすめします。少なくてもこのような人にはあわないでしょう。

任意売却のメリット

任意売却のメリットについてお伝えします。
ではそもそも任意売却とはどういった内容をいうのでしょうか。
それは延滞している状態で売買をするという事です。
任意売却のメリットを2つあげます。
それは近所や周囲にわからないように売却ができる。看板をつける必要がない。
任意売却終了時に引っ越し代金をもらえる。
この2つです。競売ですと当然ですが引っ越し代金などでません。
競売決定通知が来てからでも遅くはありません。
任意売却のサイトから申し込みをすればOKです。
競売をストップさせることができるのです。

競売と任意売却の違い

競売と任意売却の違いについてわかりますか。
競売とは裁判所の手続です。
任意売却とは不動産業者が仲介に入ってする手続きです。
競売は不動産を売却する時にあなたの署名捺印はいりません。
一方で任意売却の場合はあなたの署名捺印がいります。
そして3ケ月以内の印鑑証明が必要になります。
例えば夫婦で共有名義になっていたとします。
離婚しました。相手の行方はわかりません。
これですと売買はできないのです。
差し押さえ競売ですと別に夫婦で離婚していて一方が行方不明でも
競売は自動的に進行します。
家売却査定は不動産鑑定士が行います。
競売立ち退きの強制執行もあります。
競売土地のケースも多くみられます。
不動産税金もあなたにかかってきても裁判所はおかまいなしです。
家競売は自動ですすみます。
任意売却であれば競売とりさげで対応できます。
借金整理方法などネットでもみかけますが競売取り下げをして
不動産を処分する方法は任意売却を専門していている不動産業者しかわかりません。
餅はもちやなのです

差し押さえ税金はチャンス?

住宅税金をどう対処するか。
これは競売の流れの中を利用して完済すべきです。
差し押さえの税金は実はチャンスなのです。
えっどうしてチャンス?
そう考える人も多いでしょう。
まず競売裁判所の中での差押しさえされた不動産が
競売結果によって差し押さえた債権者に配当されます。
競売だとわずかな金額になります。
なぜなら一番抵当の住宅ローンの会社が全部もっていくからです。
ですが任意売却査定ですと自宅売却査定の中で配当を業者が作成します。
ここは任意売却のプロのみせどころです。
競売だとどう考えてもわずかな金額しかできなくても
任意売却だと税金を全部配当にいれることができるのです。

任意売却の目的は滞納税金の完済

ここであなたに重要な事実をお伝えします。
それは自己破産をしても税金は免責されないという事実です。
よく自己破産で借金がチャラになるといいます。
ですがこれには税金は含んでいないのです。
仮に住宅ローン2000万円と税金の滞納が200万円あったとします。
自己破産をして2000万円が免責されても
税金の200万円の滞納はいつまでもおいかかけてくるのです。
多くの人はこの事実を知りません。
ではどのようにしてこの問題を解決すればいいのでしょうか。
それは任意売却で税金を全部配当に入れてもらう事です。
そのようなことは可能なのでしょうか。
税金というのは差し押さえです。
通常任意売却の際に10万円とか30万円で解除してもらいます。
ですが全額200万円とすることも可能です。
これは任意売却を専門としている不動産業者に話すのが得策です。
ではそもそもどうして滞納税金の全額を計上することができるのでしょうか。
それは差し押さえとはそもそも何かという事をあなたが知る必要があるからです。
差し押さえの税金のつまり市役所が10万円ではいや!30万円では解除できないと言われたら任意売却ができなくなるのです。
最後まで拒絶したら応じなければ売却ができないのです。

ですからあなたが任意売却を選び最終形は滞納税金の完済です。
この点をよくあなたが理解していないと任意売却の不動産業者は10万円だけで手打ちをする可能性があります。
そうすると税金の滞納が200万円でしたらあなたは残り190万円をずっと支払っていくことになります。
これは大変です。せっかく任意売却したのになぜこうなるかわからなくなります。
自己破産をするケースでも自己破産をしないケースでも滞納税金の完済は絶対目標だからです。

多くの人は滞納税金までについての知識がありません。

競売決定通知がきたらまずすべきは任意売却なのです。

多くの人は競売決定通知がきたらうろたえます。

ですが正しいステップを踏めばきちんと着地することができるのです。

まずは任意売却のサイトに申し込みをすることです。

街の不動産屋はどうか。ネット上の不動産無料査定のサイトはどうか。
このような疑問が湧くかもしれません。

街の不動産屋さんは任意売却の経験がない方も数多くいます。
一方スペシャルに得意な方も数多くいます。

また大手の不動産会社は以外とノウハウを持っていないケースは多い実態をみてきました。
それはなぜか。任意売却はどうしても労力がともないます。
任意売却をひとつ成約させるよりも普通の売買を2つ契約した方が価値的になるという実態もあるのです。
またどうしても任意売却は時間がかかるので時間のかからない普通の売買を好む傾向があるのも事実です。

ベストな選択は任意売却専門業者です。

あなたの苦悩や不安を任意売却のステップの中で合法的に解決に導きます。
その具体例は引っ越し代金と残物撤去費用が売買代金の中に計上できるという点です。
多くの人がこのような事実を知りません。
これは実は本当なのです

例をあげますとあなたは住宅ローンで2000万円の借金があったとします。
あなたの物件は2000万円で売れました。

ですが任意売却の場合は諸費用がかかります。
登記費用と不動産会社に支払う仲介手数料は388,000円です。
この代金はあなたが別に払わなければいけないと思いますか?

実はあなたの財布から出す必要がありません。
売買代金2000万円に充当されるのです。
そうなると債権者は1900万円しか回収されません。

任意売却は競売決定通知がきたあなたにとってメリットで満ち溢れているのです。

次は任意売却のおススメのサイトを分析させていただきます。

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

  不動産さんざん売却君紹介   不動産さんざん売却君一覧

andy72

関連記事

  • 競売決定通知は任意売却 おススメはズバリ明誠商事

  • 住宅ローン払えない

  • 自己破産だけは絶対嫌だ!それなら任意売却をチェック

  • マンションローンきつい

  • 自己破産と任意売却