1. TOP
  2. 未分類
  3. 住宅ローン払えない 解決策は任意売却?自己破産の重要性を徹底分析

住宅ローン払えない 解決策は任意売却?自己破産の重要性を徹底分析

未分類 この記事は約 29 分で読めます。 1,266 Views
任意売却

住宅ローン払えない

住宅ローンが払えない恐怖や不安から抜け出す方法をあなたはご存じですか?

多くの人は住宅ローンが払えなくなり不安や恐怖で夜も眠れなくなります。
ほとんどの人がどうしていいのかわかりません。
節約したりお金の工面を考えたりして時間をつかいます。

ですが実はもっとやるべき取り組むことがあるのです。
それは住宅ローンが払えなくなった場合の手順をきちんと理解するという事です。
では住宅ローンが払えない。
今すぐできるお金のかからない対策をあなたは知っていますか?

住宅ローン払えない不安た恐怖から抜け出す最短方法とは?

大手の不動産会社や地元の不動産会社では
取り扱っていない不動産会社があるので
注意が必要です。

また弁護士も実は相談相手としても
この時点では
まちがっています。

すぐに自己破産をすすめてくるからです。

多くの人が大切な家族を守りたいと
思っています。

住宅ローンの延滞をしているときに
家族の人達の不安や恐怖から
抜け出す最短の方法は
実は任意売却の無料の申し込みに
あったのです。

ローン延滞解決策とは?

住宅ローン延滞のステップを解説しながら
具体的な解決策を盛り込みながら説明いたします。

それは任意売却の無料相談に申し込むことです。
コツは不動産会社だけの任意売却の紹介のサイトです。
なぜか理解するのは少し時間がかかります。

まずは先に登録してください。

住宅ローンが払えないといったいどうなってしまうの?

失業や病気やケガなど様々な理由である日突然ローンが払えなくなる
瞬間になってしまう方がいます。

このページでは住宅ローンが払えなくなるとどうなるかを
解説していきます。

 ただ1点お伝えしたいのですがどの地点にあなたがいても
任意売却を差し込めばピンチから脱出できます。

具体的には任意売却をするために専門の不動産会社と
専属専任媒介契約を結ぶことです。

ではいったいどうして専属専任媒介契約を結ぶのが
ピンチを脱出できるか順を追って解説します。

ローンの返済延滞3月を超える

この地点で任意売却の無料登録をするメリットは自己破産を回避できる事です。
弁護士に相談をすると自己破産をすすめられる場合があります。

ですが自己破産をしなくてもピンチを回避できますので
注意が必要です。

催促状や督促状はどうするか?

住宅ローンの延滞中に催促状がきて3ケ月おくれているのに
1ケ月支払をしたりする場合もあります。

ですが実は無駄です。その時に全額支払いそれ以後は
延滞しない自身があるのならそれでもOKです。

ですが住宅ローンの支払がまた延滞する
ようであれば任意売却の相談をすべきです。

自分で交渉するよりも
任意売却の不動産会社に交渉をまかせましょう。
売却できるまでは不動産会社にお金を支払う義務が原則ないのが
あなたのメリットです。

催促状や督促状を放置するとどうなるか

催促状を放置して延滞してしまうと競売になります。
多くの人が競売になるのを恐れます。

ですが実はその前のステップで
目にみえないピンチが発生します。

それは何か。
ズバリ個人信用情報に事故記録が掲載されることです。
これはなんとしても防ぎたいです。

個人信用情報に事故記録が掲載されない方がいい理由

個人信用情報に自己記録が掲載されない方がいいのには理由があります。
それはお子さんが大学にいきたくて奨学金を借りたい場合に
借りれなくなる場合があります。

車がほしくてもローンが通らない時があります。
お父さんが個人情報に自己記録があると
高校を卒業したお子さんが就職する時に
車のローンが通らず逆恨みされるケースをみたことがあります。

親と子は別人格だろうと思います。
ですが現実にはそういう悲しい実態もあります。

ですが個人信用情報記録に掲載されないのが先決です。
任意売却の無料登録をして不動産会社に
素早く対応してもらうのが回避のコツです。

ローンの一括払いの請求書がくる

仮にあなたが2000万円のローンを6ケ月間延滞したとします。
催促の電話や書面がきます。

次のステップで一括返済の書面がきます。
住宅ローンを組んだ時に住宅ローンを延滞したら一括で銀行は請求できます。

このような書面がきます。
もちろんできるわけはありません。

できなから延滞している。
その気持ちはよくわかります。住宅ローンの残債を一括で返済できるわけではありません。
するとどうなるかというと保証会社に
請求して代位弁済をします。
そして支払った保証会社が競売を申し立てます。

保証会社というのはあなたが住宅ローンを組んだ時に
2000万円借りたなら40万円ほど保証料で支払っているはずです。
金利に含まれていたかたもいるでしょう。

このタイミングで任意売却するのもおすすめします。
代位弁済する前です。
なぜかといいますと代位弁済は個人信用情報記録に残るからです。

あまり話題になりませんが個人信用情報記録に代位弁済を
記録されます。
そうなるとまずローンが通らなくなります。
代位弁済をまってもらって住宅ローンを組むのがコツです。

保証会社が競売を申し立て

保証会社が競売を申し立てた場合に次に任意売却のタイミングがあります。
裁判所の職員が電話があり住宅の中をチェックしにきます。

その時に不動産鑑定士をつれてきます。
競売の価格をきめるための金額を決めるためです。

この時に無料の任意売却の申し込みをして任意売却の不動産会社の担当者に
現地で立ち会ってもらうのです。

実は当サイト運営者はその場面に立ちあったことがあります。

この時に裁判官書記官がある一言をいいました。
それは「任意売却はウエルカムです」

その言葉の意味がわかりますか。
任意売却に切り替わると
裁判所は仕事が減るのです。

裁判所から任意売却にしましょう。
そのような事は立場上いえないものです。

裁判所は事務的に競売の手続をするだけです。
建物所有者が無視すれば事務的に進行します。

不動産だけ失えばそれで終わりません。
給料まで差し押さえられてしまいます。

住宅ローン払えないまとめ

住宅ローンの延滞で多くの人がまず弁護士に相談します。
ですがそれはまちがいです。
最初に相談すべきは任意売却の担当者です。

弁護士だと弁護士費用が数十万円かかります。
任意売却ですと専属専任媒介契約の時点ではお金が
かかりません。

弁護士ですとまず自己破産をすすめてきます。
ですが任意売却であれば自己破産を回避する
可能性がグッと高まります。

自宅の買戻しも視野に入ります。
任意売却のメリットを知るというよりも
まずはわからなくても

申し込みことがあなたの住宅ローンの延滞や不安を
回避できる唯一のメリットなのです。

マンションローンきつい

マンションローンきつい。そう考えている人は多いものです。
マンションを購入した時の毎月の支払のイメージが微妙にずれて
しまうのもマンション購入の特徴です。

またマンションの購入にあたって多くの人が実感しているのが
積立金の負担です。
また集会などわずらわしいと感じる人も多いでしょう。

マンションのローンがきついと感じている人は
ぜひ査定をしてみることをおすすめします。

査定をする時のコツは事前に勝手に決めつけないことです。
査定をしても売り出す時にその金額で必ず売らなければ
ならないという事は全くありません。

売値はあなた自身が決めることです。
ですから残債に諸費用をたして
売却できた際にあなたの借金がゼロになるような
金額を算出してもらいます。

これがマンションの査定のコツです。
もしも修繕積立金に未納があれば
それもセットしてもらいます。

ここでおすすめするのは
その金額で不動産会社と専属専任媒介契約を結ぶことです。

これはお金がかかりません。
でも実際にマンションに住んでいるし
非現実的と考える人もいるでしょう。

ですがそんな事はありません。
住ながら売るのです。

不動産会社は専属専任媒介契約を結ぶと5日以内に指定流通機構に
登録します。

わかりやすくいうと県内のほとんどの不動産屋さんが
あなたの家の情報をチェックできるようになります。

そして自分の顧客に紹介できるのです。
もちろん突然内見にくるということはありません。

事前に連絡がきてお客さんを不動産会社がつれてきます。
軽く掃除するくらいでOKです。

マンションの玄関に看板をたてる必要も当然ありません。
こういう風にスッと売れる場合があります。
そして住み替えの中古の戸建を探すのも
方法です。

コツは残債をゼロにする金額を無料査定の不動産会社に
算出してもらう事です。
必ずしも売らなければいけないという事はありません。

これは以外と使える方法です。
多くの人はマンションローンきついと思っても頑張って支払をします。
ですがそれはまちがいです。

執着するという意味で違うという事です。
第3の案を考えるのです。

当然小学校を転校させたくないという方も多いでしょう。
現代はお金をかけなくても無料で資金やプランの見積もりができます。

そしてあなたが一ひねり頭を使うことで未来の展望が語りづくれます。

こんな金額で売れるわけがない。
そういう固定観念を捨てることです。

登録すればいろんな考え方の人が向こうにいます。
不動産の売買を長年経験してきて
思うのですが自分の固定観念を相手にぶつけてはいけない
という事です。

いろいろな考え方の人が世の中にはいるものなのです。
そして登録しなければ何もはじまらないものなのです。

ローン家売却

ローン家売却と現在のお住まいを売却したいと考えている方は
何をもっとも重要視してチェックする必要があるでしょうか。

それは家を売却してもローンの残債を残さないというのが
大前提です。

もちろん抵当権がついていれば残債を残すということはできません。
2000万円の抵当権がついていて1000万円でしから売れなければ
残り1000万円は自己資金扱いです。

ですから家の売却をあきらめてはいないでしょうか。
まずローン家売却と検索したあなたは
家売却のシミレーションをする事をおススメします。

ゴールは借金0です。
そして住み替えをシミレーションしてもいいかもしれません。
今より安い物件に引っ越すのもいいでしょう。
今よりも高い物件に住み替えしてもいいです。

どちらにしても
現在の住宅を売却したら借金をゼロになるように
プランを立ててみましょう。

周囲の相場を気にせずまずは
積み木のように組み立ててください。

2000万円の借金があるのであれば
売却の諸費用を理解してください。
不動産会社には仲介手数料を支払います。
物件×3%+6万円×1.08です。
そして司法書士に支払う
抵当権抹消費用
もしも権利書をなくしたのであれば
数万円です。

合計100万円くらいと考えましょう
これで2100万円です。
あなたがはじめて購入した時の
金額をチェックしてみてください。

仮に3500万円であれば損するわけです。
ですが2100万円と2200万円で売りに出しても
それはかまいまぜん。

注意したいのは購入した時よりも
高い金額で売れた場合です。

購入した時よりも高くなければ大丈夫です。
譲渡の税金はかかりません。

次にどのように売りにだすかです。
実際にあなたはそこで生活しているでしょう。

ここでおススメする売り出す方法があります。
それは住んだまま売るという事です。

現状の生活をしたまま不動産を売りに出すという事です。
売り看板を家の前に建てる必要もないでしょう。

ステップとしては次の通りです。
不動産の無料査定に申し込みます。

そしてあなたが気にいった不動産会社と
専属専任媒介契約を結びます。
ここではお金はかかりません。

不動産の仲介手数料というのは
成功報酬だからです。

そして流通機構に登録します。

これで数多くの不動産会社にあなたの家の情報が提供されます。
内見をしたい方がいれば日曜日の14時から15時まで
など事前に決めておきましょう。

もちろん内見者の身元は不動産会社でおさえてもらいます。
こういう場合は少し高めに値段設定をしてもかまいません。

これで準備OKなのです。

家計苦しい

家計が苦しいと実感が湧きます。
その時にあなたは何を考えるでしょうか。
多くの人は頑張ります。

頑張らなきゃと自分自身の内側に答えを求めます。
ですが答えを自分の外側に求めることもものすごく重要です。

節約は自分の内側に答えを求めています。
頑張って住宅ローンを返そうとするのは自分の内側です。
住宅ローンの金額が大きすぎるのではと考えるのが外側です。

節約しなきゃと考えて
もっと働いて住宅ローンを返さなきゃと考えるのは
実は視野が狭いのです。

ここであなたの家族が組んだ住宅ローンが
そもそも多すぎないか考えてみましょう。

そう考える事で気持ちがラクになります。
今の自分の頑張りではなくて実は最初のステップで
まちがいをおかしたと気がつきのも
また大切なことです。

ですがもしも大きすぎた住宅ローンは
揺るがぬごこと思いがちです。

でもそんな事はありません。
借金を残さず売却してしまうのです。

そして新しくローンを組んで
支払える中古住宅に移動することをおすすめします。

多くの人はいったん住宅を購入すると
よほどの理由がない限り移動しようとしません。

転勤とか何か特別な理由がないと
住み替えはするものではない
理由がなければ多くの人は
自然に住み替えは考えないのです。

ですが節約や頑張って住宅ローンを払う前に
住み替えを検討してみることです。

ゼロ円でシミレーションしてみるのです。
具体的には不動産の無料査定で
借金が残らないような金額の売値を確認します。

そして借金が0になったとして
新たにローンを組んで
住宅を購入するシミレーションをしてみるのです。

もちろん同じ小学校校下など
決めておきます。

これだけはゆずれないという条件を
ピックアップするのです。

0円でスムーズにこのような
シミレーションができるのは
マイホームの達人のタウンライフを
チェックしてみてください。

頑張る前にいったん立ち止まって
全体を俯瞰的に見ることです。

木をみて森をみるではないですか
住宅について家族でいちど
話し合ってみてシミレーションしてみること
おススメします。

不動産の査定や新しく購入する物件の
見積もりをもらったからといって
必ずしも売らなきゃならない
わけではないのです。

きっと新しい発見の参考になるはずです。
そうやって家族は幸せの方向に向かうものなのです。

 

 

 

 

競売決定通知

競売決定通知がきました。さあどうする?
そう考えている方はぜひこちらのサイトをチェックしてください
順番に具体的な対処法をお伝えしていきます。

差し押さえ

まず差し押さえの注意をお伝えします
差し押さえがきたらぜひ知っておきたい点があります。
それはあなた自身が家を手放す気があるかどうかです。
もしもすでに自宅を手放す覚悟ができていたとします。
そのような方は現在延滞している毎月の返済の金額を払う必要があります。
任意売却にするべきです。
延滞しているお金を払えと言われて払ったところで状況は変わりません。
例えば既に6ケ月の延滞をしていたとします。
すでに家を手放す気持ちでいます。
それで遅れている2ケ月分を支払っていも意味がありません。
多くの人はこの点をよく理解していません。

裁判所競売と競売家の関係

差し押さえがきてもすぐに家から退去しなければいけないわけではありません。
多くの人は差し押さえがくるとすぐに退去しなければならない。
家からでなきゃならない。
そう考える人がいます。
一昔前は家に張り紙がはってありました。
現在であれば即アウトという印象です。
ですがたまにそんな人がいます。
どういう事かというと競売で落札した人です。
早くでていってほしいためにそういう人がいます。
比較的に70代の人とか昔の感覚でやっている人がいます。
理屈でかっていてもそんなことをされたらたまったものではありません
マンション売る土地売るなど不動産を売る場合はサイトから任意売却を申し込むのを
おすすめします。少なくてもこのような人にはあわないでしょう。

任意売却のメリット

任意売却のメリットについてお伝えします。
ではそもそも任意売却とはどういった内容をいうのでしょうか。
それは延滞している状態で売買をするという事です。
任意売却のメリットを2つあげます。
それは近所や周囲にわからないように売却ができる。看板をつける必要がない。
任意売却終了時に引っ越し代金をもらえる。
この2つです。競売ですと当然ですが引っ越し代金などでません。
競売決定通知が来てからでも遅くはありません。
任意売却のサイトから申し込みをすればOKです。
競売をストップさせることができるのです。

競売と任意売却の違い

競売と任意売却の違いについてわかりますか。
競売とは裁判所の手続です。
任意売却とは不動産業者が仲介に入ってする手続きです。
競売は不動産を売却する時にあなたの署名捺印はいりません。
一方で任意売却の場合はあなたの署名捺印がいります。
そして3ケ月以内の印鑑証明が必要になります。
例えば夫婦で共有名義になっていたとします。
離婚しました。相手の行方はわかりません。
これですと売買はできないのです。
差し押さえ競売ですと別に夫婦で離婚していて一方が行方不明でも
競売は自動的に進行します。
家売却査定は不動産鑑定士が行います。
競売立ち退きの強制執行もあります。
競売土地のケースも多くみられます。
不動産税金もあなたにかかってきても裁判所はおかまいなしです。
家競売は自動ですすみます。
任意売却であれば競売とりさげで対応できます。
借金整理方法などネットでもみかけますが競売取り下げをして
不動産を処分する方法は任意売却を専門していている不動産業者しかわかりません。
餅はもちやなのです

差し押さえ税金はチャンス?

住宅税金をどう対処するか。
これは競売の流れの中を利用して完済すべきです。
差し押さえの税金は実はチャンスなのです。
えっどうしてチャンス?
そう考える人も多いでしょう。
まず競売裁判所の中での差押しさえされた不動産が
競売結果によって差し押さえた債権者に配当されます。
競売だとわずかな金額になります。
なぜなら一番抵当の住宅ローンの会社が全部もっていくからです。
ですが任意売却査定ですと自宅売却査定の中で配当を業者が作成します。
ここは任意売却のプロのみせどころです。
競売だとどう考えてもわずかな金額しかできなくても
任意売却だと税金を全部配当にいれることができるのです。

任意売却の目的は滞納税金の完済

ここであなたに重要な事実をお伝えします。
それは自己破産をしても税金は免責されないという事実です。
よく自己破産で借金がチャラになるといいます。
ですがこれには税金は含んでいないのです。
仮に住宅ローン2000万円と税金の滞納が200万円あったとします。
自己破産をして2000万円が免責されても
税金の200万円の滞納はいつまでもおいかかけてくるのです。
多くの人はこの事実を知りません。
ではどのようにしてこの問題を解決すればいいのでしょうか。
それは任意売却で税金を全部配当に入れてもらう事です。
そのようなことは可能なのでしょうか。
税金というのは差し押さえです。
通常任意売却の際に10万円とか30万円で解除してもらいます。
ですが全額200万円とすることも可能です。
これは任意売却を専門としている不動産業者に話すのが得策です。
ではそもそもどうして滞納税金の全額を計上することができるのでしょうか。
それは差し押さえとはそもそも何かという事をあなたが知る必要があるからです。
差し押さえの税金のつまり市役所が10万円ではいや!30万円では解除できないと言われたら任意売却ができなくなるのです。
最後まで拒絶したら応じなければ売却ができないのです。

ですからあなたが任意売却を選び最終形は滞納税金の完済です。
この点をよくあなたが理解していないと任意売却の不動産業者は10万円だけで手打ちをする可能性があります。
そうすると税金の滞納が200万円でしたらあなたは残り190万円をずっと支払っていくことになります。
これは大変です。せっかく任意売却したのになぜこうなるかわからなくなります。
自己破産をするケースでも自己破産をしないケースでも滞納税金の完済は絶対目標だからです。

多くの人は滞納税金までについての知識がありません。

競売決定通知がきたらまずすべきは任意売却なのです。

多くの人は競売決定通知がきたらうろたえます。

ですが正しいステップを踏めばきちんと着地することができるのです。

まずは任意売却のサイトに申し込みをすることです。

街の不動産屋はどうか。ネット上の不動産無料査定のサイトはどうか。
このような疑問が湧くかもしれません。

街の不動産屋さんは任意売却の経験がない方も数多くいます。
一方スペシャルに得意な方も数多くいます。

また大手の不動産会社は以外とノウハウを持っていないケースは多い実態をみてきました。
それはなぜか。任意売却はどうしても労力がともないます。
任意売却をひとつ成約させるよりも普通の売買を2つ契約した方が価値的になるという実態もあるのです。
またどうしても任意売却は時間がかかるので時間のかからない普通の売買を好む傾向があるのも事実です。

ベストな選択は任意売却専門業者です。

あなたの苦悩や不安を任意売却のステップの中で合法的に解決に導きます。
その具体例は引っ越し代金と残物撤去費用が売買代金の中に計上できるという点です。
多くの人がこのような事実を知りません。
これは実は本当なのです

例をあげますとあなたは住宅ローンで2000万円の借金があったとします。
あなたの物件は2000万円で売れました。

ですが任意売却の場合は諸費用がかかります。
登記費用と不動産会社に支払う仲介手数料は388,000円です。
この代金はあなたが別に払わなければいけないと思いますか?

実はあなたの財布から出す必要がありません。
売買代金2000万円に充当されるのです。
そうなると債権者は1900万円しか回収されません。

任意売却は競売決定通知がきたあなたにとってメリットで満ち溢れているのです。

次は任意売却のおススメのサイトを分析させていただきます。

住宅ローンの返済ができないと?

住宅ローンの返済ができないと通常は
差し押さえがきて
競売決定通知がきて
※競売市場では一般市場の半額違い金額で取引がされてしまいます。

その競売市場に放出された住宅を一般の市場に明誠商事ひきもどして
売主様に目立とのある売買をするサービスを市場で展開しております。
住宅ローンが返済出来ない債権者たちに多くののメリットが生まれます。

自己破産

自己破産の知ろうとする

自己破産ときくと
多くの人はマイナスのイメージが湧くかもしれません。
借金で苦しんだり不安をおくっている方も多いと思います。
ほとんどの人はお金の悩みについて
何をどう対応していいかわかりません。
どのように生きるかは人それぞれ自由です。
借金をどう対応しようが本人の問題です。
その上でそのような方におすすめしたいのは
自己破産とはそもそも何か
理解する事をおすすめします。
そうすることによってあなたの進むべき道が見えてくることが
あるのです

自己破産の意味

自己破産とは経済的に苦しくなった人が
裁判所に申し立てを行って
財産を清算する手続きのこといいます。
破産法の中では免責という手続きが認められています。
免責という点が認められれば借金をゼロにして
返済を免れることができます。
自己破産の手続きの特徴のひとつに
裁判所に申し立てるという点が挙げられます。

任意売却

任意売却と競売の違い

任意売却という言葉はものすごく
誤解を生みやすいものです。
そもそも任意売却とは何か
ほとんどの人がわかりません
住宅ローンが滞納していて
そもそもそのまま放っておくと
差し押さえがきたり
競売になったり
強制退去になったりしてしまいます。
大きなデメリットがあります。

そのような時にどのように対応をしたらよいかも
わからないものです。
借金とりに質問されても答えを
聞かれても、まずわからないものです。

そういう状況を放置すると競売になります。
やけくそで何でももっていってくれという人も
いるでしょう。
そうなっている人が多いのです。
ですがそうなると競売になります。
家がとられてもまだ続きがあります。
給料まで差し押さえられる場合があるという事です。
ですが任意売却ですと給料までは差し押さえられません。
不動産を売却してストップしてしまいます。
そうなると気持ちもラクです。
再生のスタートも早くなります。

任意売却とはそもそも何?

任意売却とは住宅ローンが延滞している状態で
不動産を売買することです。
競売は売主の署名はいりません。
ですが任意売却の場合は売主の署名捺印が必ずいります。

任意売却をスムーズにするためのコツ

更に一歩深く言えば売主の3ケ月以内の
印鑑証明が必要になります。
夫婦で共有名義になっている場合は
ご主人も奥さんの印鑑証明書もいります。
仮に別居中でなかなか面談がする機会が
なければそれぞれ印鑑証明書をとって
司法書士に預けておくことをおススメします。
権利書なども司法書士に預けておくことを
おススメします。

任意売却では延滞の税金を目いっぱいいれてもらう

任意売却ではあなたの物件が2000万円で売れても
1500万円で売れてもその後は決まった金額で
返済をしていくことになります。
一番抵当の銀行は実質上は関係がなくなります。
であるならば延滞している税金を目いっぱい
配当にいれることでトクします。
自己破産をする場合でも
自己破産をしない場合でも延滞している税金は目いっぱい
いれておくようにしましょう。

任意売却では登記費用と仲介手数料が計上できる

任意売却するからといって経費がかかってしまっては
住宅ローンの支払いの悩みが解決するどころか
悩みは増えてしまいます。
登記費用で30万円とかかります。
不動産会社に支払う仲介手数料も
1000万円なら3%+6万円×1.08で
38,8000円です
そんな大金でてこないのはよくわかります。
ですが任意売却では売却代金の中に入れることができます。
要するに財布の中からお金を手出しする必要がないということです。
不動産が売れた時に売却代金の中から支払えばいいのです。
これが不動産の任意売却のメリットなのです。

任意売却では引っ越し費用が計上できる

任意売却では通例として引っ越し代金を計上できます。
30万円などです。不動産を契約したら引き渡しまで
退去しなければなりません。ですから手付金は
0円にしてそこで30万円ほどもらって
新居を探す方法があります。
競売ですともとろんそんなわけにはいきません。
これが競売と任意売却の違いといってもよいでしょう。

自己破産と任意売却

自己破産と任意売却について解説します。
もしもあなたが自己破産がよくわからない。
任意売却も今ひとつわからない。
でもせっぱつまった状況には間違いない、
そのような方は任意売却の無料のサイトに
申し込むのがコツです。
コツとしては弁護士ではなく不動産会社の
任意売却のサイトに申し込むのがコツです。

自己破産と任意売却のサイトの鋭い分析

不動産売却ガイドではネット上の
自己破産と任意売却のサイトを
徹底的に分析しました。
そしてある特徴を見つけました。
ものすごく面白い発見です。
あなたの進むべき方向性にきっと役立ちます。

不動産がある借金の悩みのサイトのチェック方法

不動産会社だけで運営しているサイトをチェックして無料
の相談をおすすめします。もちろん弁護士の無料相談も
いいでしょう。ですがおおまかな違いがあります。
不動産会社だけの任意売却は自己破産を回避できるとあります。
ですが弁護士中心であれば借金が0になる。
という表記がおおいのです。

借金が0になるという弁護士のサイトには自己破産回避が記載されていない理由とは?

 弁護士主体の任意売却のサイトにどうして自己破産回避の説明がないのでしょうか。
多くの弁護士主体のサイトですべてのサイトではないと考えられます。
ですが当サイトでチェックした限り皆無でした。
なぜ弁護士は自己破産回避をうたわないのでしょうか。
それは自己破産の案件を受注すれば数十万円の報酬になるからです。
自己破産の案件がなければ0円です。
任意売却の場合は不動産会社が仲介手数料をもらえるだけなのです。
この誰も教えてくれない実態を理解する必要があります。
いいとか悪いとかではなくてそういう実態を知ることが必要不可欠です。
あなたには議論している暇はないはずです。

自己破産と任意売却のまとめ

自己破産と任意売却のまとめですがじゃどうすればいいのかという問題が発生します。
自己破産と任意売却のまとめなのですが借金の悩みを抱えている方の悩みを解決する方法としてすぐに任意売却の無料のサイトに申し込みが結論になります。
仮にすでに自己破産の申し立てをしている場合にでもです。
任意売却をすればすべてが良い方向にいきます。
任意売却の後は毎月1万円とか5千円とか払える範囲で
返済していくことになります。
このステップを多くの人が理解していません。
借金問題解決の最短ステップなのです。
何も考えずにまず申し込むことです。
借金とりの不愉快な対応やもしかしたらプロの法律家と相談をして
納得のいかない答えがあったかもしれません。
ですがぜひ覚えておいていただけいたいのが
法律の専門家の答えは全体の一部だという事です。
完璧ではないという回答は意味が違うかもしれません。
それも正解ですが他にもより正解の項があるという事です。
つまり自己破産するしかない。といわれても
任意売却の無料査定でチェックする価値があるということです。
多くの人が借金の悩みで不安をいだき誰に相談もしていいのか
わかりません。
あなたの事を本当に心配してくれている人が
あなたにとって適切な答えをくれるとは限らないものなのです。

自己破産と任意売却の違いから理解するのはものすごく
あなたにとってメリットがあります。

ぜひ任意売却の無料査定に申し込んでみてください。
自己破産で着地するのと任意売却で着地するのでは
その後に人生で大きな違いがでてくるものなのです。

 

任意売却

任意売却とはそもそもどういう不動産売却なのでしょうか。住宅ローンの借り入れの返済を毎月できなくなった
場合に不動産売却後も残債の住宅ローンが残っても抵当権を外しても残債が残っても銀行からOKをもらって
売買をする方法です。例えば残債が3000万円あるとします。ですがどう考えても今は1800万円くらいでしか
売却できないとします。どうしても借金が残ります。残った残債を売却の後は毎月1万円など取り決めをします。
借金の整理の一つの手法ともいえます。

任意売却のメリット

競売を回避できる(競売より絶対にまし)
自己破産を逃れることができる。
売却時に不動産の仲介手数料や諸費用を売買代金に計上できる。
つまりあなたの財布から新たに不動産売却の諸費用を出す必要はない。

任意売却のデメリット

住宅を手放すことになる。
子供が転校しなければいけなくなる場合がある。
延滞の状態で不動産売却をすすめるので代位弁済をして新たにローンが組めなくなる

Contents

 

 

自己破産を回避する方法は任意売却

自己破産回避したい。自己破産は絶対にしたくない。そのような方に

自己破産を回避する方法をこのページではお伝えしています。

ぜひ読みすすめてください。住宅ローンが払えなくて困っている多くの人はこの現実を知りません。ぜひチェックしてください。

あなたは住宅ローンが払えないと感じた瞬間に
誰に何を相談するか正しい順番を知っていますか?
自己破産は任意売却の前の段階が
後の段階が正しいか知っていますか?
そもそも自己破産を絶対にせず解決する方法を
知っていますか?
このページは自己破産を絶対しない方法を
お伝えします。
これは弁護士のサイトなどでは教えてくれません
なぜなら自己破産の事案がなくなったら
弁護士は手数料をもらえないからです。
ですから自己破産をしてくても
助かるのに自己破産をしてきた事例を
たくさんみてきました。
あなたはそんな一人になりたくないですよね。
ぜひこのページをお気入りにいれてくりかえし
読んでください。
きっとあなたにメリットのある情報だと
わかる日がくるはずです。

任意売却とはそもそも何か

任意売却とはそっもそも何か。
多くの人が実はよくわかっていません。
ですがあなたがもしここで
任意売却の正しい意味を理解できれば
運命が大きく変わる可能性があります。
手続きの過程で任意売却は
そもそも何と思ったらぜひ
確認してください。

任意売却とは

住宅ローンの延滞中の売買です。
3ケ月または4ケ月支払いが遅れている中での
売買です。
3ケ月遅れを払ってから売買するのでは
ありません。
あくまでも遅延している状態で売買をします。
これが任意売却です。

住宅ローンが延滞して払えない!さあどうする?

ここでは住宅ローンが延滞してもうだめだと思った時に注意すべき事項と対策を
挙げます。

1.遅れているお金を払う前に任意売却の無料サイトに申し込む。

2. 弁護士に自己破産を最初にするめられても自己破産をしない。

3. 競売決定通知がきたらすぐに任意売却の無料サイトに申し込み
  専属専任媒介契約を不動産会社と結びあなたの代わりに交渉してもらう。

4.税金の滞納額をチェックして任意売却ですべて清算する

この4つの対応の理由を後で解説します。
まずはじめに任意売却とはそもそも何か。
理解していきましょう。

任意売却を不動産売却ガイドで解説する目的

任意売却の上位10サイトをチェックしてみました。専門家には
何が書いてあるかわかりますが普通の人にはものすごく
難しくて何が書いてあるかわからないというのが率直な感想です。
そこで当サイトの不動産売却ガイドでは日本で一番
わかりやすく任意売却について説明することにしました

そも任意売却とは何?

住宅ローンの毎月の返済が4ケ月や5ケ月延滞している時に
延滞した状態で不動産を売却します。

任意売却のメリット

自己破産を回避できる
引っ越し費用が捻出できる
家の残物撤去費用が捻出できる
住宅クリーニング代金を捻出できる

任意売却デメリット

延滞している状態なので家を
売却の後に数年間ローンが組めなくなる。
自宅を手放す

任意売却の成功

競売を回避できる。
固定資産税の延滞を売買代金に計上できる。

任意売却の成功

自己破産を回避できる場合がある。
競売を回避できる。

任意売却ができず競売になるとデメリットはそもそも何?

競売になると住宅を強制的にたちのきせらるといってもいいでしょう。
引っ越し費用も残物撤去費用も現金ではでません。
また競売の後に住宅を失った後も給料を差し押さえがくる場合があります。
これが最も痛いです。

任意売却と競売の手続上の違い

任意売却は契約の際にあなたの署名捺印とハンコがいります。
一方競売はあなたの意志にかかわらずに署名捺印がなくても
進行します。

任意売却と自己破産の関係

任意売却をすると自己破産が回避できる場合があります。

住宅ローンの抵当権(担保権)について

抵当権は抹消されます。

任意売却の後の残債務の返済はどうなっていくの

毎月5000円や10000円とあなたが払える範囲で
支払をすることになります。
たまに3万円とかいてきたりしますが
応じなくても大丈夫です。

任意売却が不成立になった具体的事例原因は

共有名義で離婚をしていて妻に売却の意思があるか
夫の署名判古代金がない場合

銀行や住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の交渉は誰がするの?

弁護士ではなくて不動産会社の営業マンです。売却代金の中に
司法書士の手数料や不動産会社の仲介手数料
そしてあなたの引っ越し費用や残物撤去費用の配分を決めるのは
不動産会社の営業マンだからです。
任意売却の経験がある不動産会社がベターです。

任意売却で自分の家に滞納できる期間は?いつまで家にいれるの?

5ケ月から6ケ月延滞をして自宅の買主がみつかり契約の段階は
大丈夫です。残代金の受け取りの際には退去しなければなりません。

任意売却を理解する

任意売却の地点

住宅ローンが延滞している状態の地点です。
つまり4ケ月から5ケ月の延滞している状態での売買です。

任意売却の注意点

任意売却は住宅ローンが延滞している状態ではじめてできる
売買です。仮に3ケ月住宅ローンが延滞しています。
この時に早く支払をしなければ競売にかけますよ。
と通知がきます。この時に延滞分の3ケ月分を支払ったら
任意売却ができなくなります。
すでに任意売却の決断をした場合にです。

任意売却の抵当権を理解する

 

 

任意売却の決意の要件

任意売却をすると決めた際に延滞分の3ケ月分を支払ったら
ダメですというのはとても違和感がありませんか?
その解説の前に任意売却をすると
決める前提の理由の確認として

・住宅ローンは払えないから家を手放す決意をした。

・家は手放すが自宅の親族の買戻しも検討する。

この2点は確認した際です。
ここで抵当権の説明をします。

抵当権とは何か

そもそも抵当権とは何か。住宅を購入した時の
事を思い出してください。
新築を建てた場合でも中古住宅を購入した場合でも
相手方にあなたはすべての資金を払い終えています。
その現金を銀行から借りました。
だからあなたは銀行に借り入れがあるのです。
ここであなたは借りたお金は2000万円とします。
毎月8万円づつ返済しているとします。
この8万円が3ケ月延滞しました。
2000万円を貸した銀行からすればこの
お金を返さなければ担保となる家を
競売にかけてあなたの家を処分して
現金を回収します。
そういう意味になっています。
抵当権の全体像を知ることが大切です。

任意売却の抵当権のあり方

2000万円貸して抵当権をつけて
抵当権を外すにはどうしたらいいでしょうか。
2000万円全額返すことです。
仮に自分に例えてみてください。
あなたが2000万円を友人にかしました。
毎月8万円づつ払っています。
全額返してほしいのは当然の事です。
銀行にもどると全額返さずに
2000万円の抵当権を外すことはありえないのです。

抵当権を外す例外が任意売却

あなたは2000万円の残債が現在あるとします。
いいですか。よく聞いてくださいね。
想像でイメージが理解を簡単にします。
ですが1500万円でしか売ることができません。
毎月の8万円がもう払えません。
ここで銀行は抵当権を外すのを任意売却というのです。

どうして銀行は任意売却で抵当権を外すのか

ここで2000万円の借金で1500万円でも銀行は抵当権を外す場合
があります。どういう事かというと例えば
毎月の8万円が延滞をしていて
借りた人はここで自己破産をするといいます。
競売にかけても全額回収ができません。
ここで1500万円で手打ちにする。
銀行はそう判断をするのです。
自分にあてはめて考えてください。
あなたは友人に2000万円を貸して
毎月8万円を30年返済で返してもらっているとします。
でも突然自己破産すると言われたらどうしますか?
今こここで1500万円でも回収できるだけすぐに
したいと思いませんか?
それが任意売却です。
いのです。

任意売却の売却代金に諸費用を含む理由

任意売却で1500万円で売れたとします。
その時に不動産売却の諸費用を1500万円に入れることができます。
諸費用が150万円だとすると1500万円引く150万円で1350万円です。
銀行の取り分は減ります。
ですが銀行は任意売却を選ぶのです。
この時の諸費用にあなたの引っ越し代金や清掃費用を入れることができるのです。
ここがサイト上である任意売却の引っ越し費用を計上できるという意味です。

抵当権者の銀行は競売よりも任意売却が大好き。その理由とは!?

銀行は競売よりも任意売却を好みます。なぜだかわかりますか?
それは競売は時間がかかるからです。
半年から1年の時間がかかります。
ですが任意売却なら契約から通常は2ケ月以内です。
手をわずらわせずにすぐに貸したお金を回収できるからなのです。

自己破産回避したいでも住宅ローン払えない場合は任意売却で解決!まとめ

住宅ローンが払えなくて弁護士に相談すると自己破産を進められる場合があります。ですが実はそれはまちがいです。先に任意売却をするのです。

その上で解決しなければはじめて自己破産の手続きをするべきなのです。

多くの人は弁護士がいうから正しいと思っています。

多くの人が相談する相手をまちがえています。

自己破産を回避したいのなら弁護士ではなくて任意売却の専門の

不動産会社に相談するべきなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

任意売却

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

不動産対策研究会紹介 不動産対策研究会一覧

andy72

Translate »