1. TOP
  2. 野村不動産アーバンネット
  3. 野村不動産アーバンネット口コミ評判の仲+PLUSの特徴とは?

野村不動産アーバンネット口コミ評判の仲+PLUSの特徴とは?

野村不動産アーバンネット
この記事は約 8 分で読めます。 776 Views
売主

野村不動産アーバンネット評判口コミの特徴は仲介+PLUSでワンステップで完結が魅力

現代は膨大なサイトを検索する必要性があります。

ですが野村不動産アーバンネットであれば

1サイトで申し込みから契約そして引き渡しまで完結できます。

これが何よりの魅力です。

野村不動産アーバンネット評判実際に利用した人の感想は上々

営業マンの対応が早い。わかりやすい。迅速な対応(40代/女性)

報告が細部に行きわたり不動産売却の手順も経験からくる

プロの対応で本当に安心してまかせることができる。(50代/男性)

内覧にきた方の細かい情報を融資の見通しを含めて

教えてくれた点がよかった。融資がつくかも重要な要素だという点を

はじめて知った(30代/女性)

オリコン顧客満足度ランキング調査の結果は断じて良い

民法改正で売主不利な立場を転換できる仕組みが野村不動産アーバンネットにある。

令和2年(平成20年)4月1日から民法の債権法が一部改正されます。

その結果から売買契約で特約をつけない場合に売主は

圧倒的に不利になります。

売買契約に特約をつけないのは違法ではありません。

ですから売主不利な状況を転換する必要があるのです。

そしてそれらは野村不動産アーバンネットによってできるのです。

どういうことかというと売却のステップにおいて

いざ紛争になった時に

売主が何をどのようにすすめたかが着眼されます。

ですから野村不動産アーバンネットのプラスのサービスを

利用することによって売却活動のステップの記録を

残せます。そして結果的に紛争を起こしても勝ち目がないと

思われて売買後のトラブルを回避できます。

民法改正後は代金減額請求も買主側からできます。

現段階はできません。

ですが令和2年4月1日はすぐ目の前です。

民法改正が不動産売却にもたらす変化とは?

2020年4月から瑕疵担保責任が廃止になり契約不適合が新しくできます。

瑕疵担保責任は取引する特定物に見えない欠陥つまりがあった場合は

売主の責任になるという概念です。特定物とは代わりがきかないものです。

あなたの家はあなたの家で変わりはありません。

ガソリンスタンドで車に軽油をいれても別にどこの会社の軽油とか

は問題になりません。これを不特定物といいます。

では契約不適合とは何かというと特定物や不特定物であっても

契約の内容に合わない不適合な点に責任が発生します。

ではそもそも契約とは何か

売主と買主が売買契約にいたった経緯を含みます。

そして買主の目的も含みます。

売買のすべてのステップが考慮されます。

つまりここでいう売買のステップとは

例えば売主の物件が雨漏りしている。

売主は先に雨漏りの見積もりを計上した。

そしてその分の代金を値引きしたなのです。

契約不適合が売主に不利とは一概にいえないという

意見もありますが,このようなステップを経ずに

特約なしで売買契約をすれば

明らかに売主には不利になります。

ですから今までのように単に不動産無料一括査定で

一番高い不動産会社に依頼するという考えは

不足をもたらします。

例えば壁紙に亀裂が入っていたとします。

売買契約書に亀裂が入っていないと場合は

契約不適合です。いいですか。ここからが重要です。

ですが売買契約書に壁紙に亀裂が入っています。

そしてその補修の見積もりをだしました。

その分に売買代金の値引きに反映させました。

これは契約不適合ではないのです。

民法改正では買主のための2つの救済手段が4つに増えます

契約の解除

民法改正の後の契約の解除は従来とことなります。

主な点は社会通念上で債務の不履行が軽微である場合は

解除できません。

損害賠償請求

売主サイドの損賠賠償の範囲が改正前と改正の後では大幅に広がります

そして履行利益の領域が開いていきます。

履行利益とはその物件をもとに儲けてやろうと手をだす

ビジネスまでに広がります。

民法改正の新設の2つの1つめは追完の請求

契約に不適合な物件を引き渡された後にに修理が

必要であらば売主が費用を負担することです。

わかりやすい事例を上げますと中古物件で

特約無しで現状のまま引き渡しました。

買主が水回りが傷んでいるから契約不適合だから

売主に修繕してくれというようなものです。

民法改正の新設の2つの2つめは追完の請求

売主がこの修繕をしない場合は売買代金の減額の請求の

権利が買主にはでてきます。

ここまで読んでいただいてご理解いただいたでしょうか?

2020年4月以降はこれまでどうりのやり方の売買をしていたら

売主が圧倒的にピンチになるのです。

民法改正が不動産売却にもたらす変化とは?小まとめ

野村不動産アーバンネットのリンクをクリックするとこのような文章があります。不具合を野村不動産アーバンネット負担で検査・補修!とあります。

キーワード検査・補修です。

この検査が売買契約までのステップとして評価されるのです。

そして補修も当然ステップとして評価されます。

いざ紛争となった場合に裁判所はどのような経緯をたどったかを

着眼します。いいですか。よく聞いてくださいね。

不具合があるかわ契約不適合ではないのです。

不具合があった売主がどのように対応したかを

裁判所は着眼します。

野村不動産アーバンネットがしてくれた検査・補修も

当然に売主の裁量とみられます。

買主が売買契約の後に訴えてきても裁判所は

売主はこのような対応をして値段に反映させた。

契約には適合しているとして売主は負けません。

事前にポイントを押させて売主がイザという時に

負けないようにしていればそもそも買主は

裁判で訴えてきません。勝ち目がないからです。

弁護士に相談した段階でわかるのです。

だから

民法改正で売主不利な立場を転換できる仕組みが野村不動産アーバンネットにある。

といえるのです。

民法改正に対応

野村不動産アーバンネットで不動産売却を

おすすめする理由は民法改正に対応している点を

お伝えしました。売主不利の状況を転換できるのが

野村不動産アーバンネットにはあるといえるでしょう。

土地の草刈りの苦情が出る前に草刈りを任せる仕組み

雨が降る時期になると急激に草が生えるのは本当につらいものです。

近所から苦情がきた時は売り時と考えてよりのではないのでしょうか。

土地の物件調査の仕組みが

土地の物件調査は今後民法改正もふまえてもものすごく重要になってきます。

土地の実態を明らかにする。このことによって将来のトラブルの回避につながります。

住み替えのつなぎ融資の仕組み

つなぎ融資の意識がない方はものすごく多いものです。住み替えで新築する場合の既存の物件が売れないとスタートできません。

つなぎ融資のない売買のデメリットは売買がものそごくあわただしくなり

新築の場合は急いで間取りを考えて後で後悔する場合があります。

どうしてもその土地が欲しい場合はそのような結果に導かれてしまいます。

つなぎ融資は新築の間取りで後悔しないともいえるでしょう。

荷物の一時保管の仕組みが野村不動産アーバンネットにある。

荷物の一時保管もものすごく心強いものです。

ハウスクリニーングがセットになる仕組み

ハウスクリーニングと仕組みも心強いものです。

セットの強みがでます。より綺麗になることでしょう。

どうしてかというと苦情を言う場合には

野村不動産アーバンネットに申し出るので

ハウスクリーニングの会社もしっかり掃除しようと

意識が芽生えます。

こういう仕組み的なことに着眼するのも

重要な点です。

相続の相談できる仕組み

野村不動産アーバンネットの仲介+PLUSという仕組みに存在しています

そして野村不動産アーバンネット公式サイトでも解説はしていませんが

実は令和2年4月1日の民法改正の売主不利の立場を転換できる仕組みが

野村不動産アーバンネットの不動産仲介にはグッと含んでいます。

2020年4月1日はもうすぐあなたの目の前にあります。

民法改正が不動産売却で影響を与える点は売主の立場が不利になるということ

現在の瑕疵担保責任がなくなり契約不適合に変化します。

端的に解説していきます。

野村不動産アーバンネット口コミ評判分析から明らかになった売主不利を逆転できる不動産売却の方法とは?まとめ

野村不動産アーバンネット公式サイトや野村不動産アーバンネット評判にもない

不動産売却が今後に民法改正により不動産売却の売主が不利になる

実態を解説いたしました。

民法改正で契約書に特約をつけないと圧倒的に売主が不利になります。

不動産売却の後に不具合があるとして

売主に修繕してほしいと請求がきて最悪の場合代金減額請求を求められます。

現在の民法では代金減額請求は存在していません。

ですが民法改正の施行が令和2年4月1日から

という点を考えるとすでにスタートしているといえます。

今から最短で不動産が売却でいたとしても

数ケ月かかるのは明らかです。

不動産の査定をだして

不動産会社と市場に売りにだすという

専属媒介契約をして

販売活動を展開して

契約をして

買主が融資をうけて

建物の内外の残物を撤去して

決済つまり残代金の支払いをします。

これだけでも明らかに時間がかかります。

そして契約不適合という目前の実態を

網羅してひとつづつ実は対応しているのが

野村不動産アーバンネットです。

不動産を売却した後に数ケ月たってから

買主から代金減額請求があると

売主の立場としてはたまったものではありません。

野村不動産アーバンネットでは

補償保障やホームステージそしてハウスクリーニング

がPLUSにはあります。

土地には土地診断があります。

これらすべて民法改正に合致しているを

不動産売却ガイドの運営者であり

宅地建物取引主任者の筆者は

すごいと唸る溜息がでるくらいです。

ぜひ今すぐ野村不動産アーバンネット査定

おススメは窓口は1社にしたい。

自分でリフォーム業者や草刈りや

全部違う業者に連絡するのはめんどくらい

と感じている人にはピッタリです。

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

売主

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

  不動産さんざん売却君紹介   不動産さんざん売却君一覧

andy72

関連記事

  • 住み替え費用の注意点とは?

  • 相続不動産は1日も早く不動産無料査定で売却するのが兄弟姉妹円満のコツ

  • 土地売りたい悩みを解決する新しい方法とは?

  • 不動産売却手続きから不動産売却流れを理解する7つのステップ

  • イエウール口コミ評判損しない不動産一括査定依頼の方法とは?

  • 自己破産回避したいでも住宅ローン払えない場合は任意売却で解決!

  •  空き家売りたいあなたに今すぐチェックすべき8つのポイントとは?

  • 自己破産だけは絶対嫌だ!それなら任意売却をチェック

  • スルガ銀行かぼちゃの馬車の不動産投資の被害者が忘れている問題を解決する唯一の方法とは?

  • Vacant House in Japan

  • 不動産管理は武蔵コーポレーションのやり方をチェック

  • イエウールデメリットとは?

  • リフォーム

Translate »