1. TOP
  2. 未分類
  3. 離婚したいけど離婚できないときにするべきこととは?

離婚したいけど離婚できないときにするべきこととは?

未分類
この記事は約 9 分で読めます。 167 Views
離婚

離婚したいけど離婚できない具体的な理由とその解決法とは?

あなたは離婚したいのに離婚できない。そのような悩みをもっていませんか?

旦那離婚したいけど離婚できない。妻したいけど離婚できない。

Contents

 離婚したいけど離婚できない具体的な理由とその解決法とは?

有責配偶者

離婚したいけど離婚できない

多くの人が悩む理由とその解決法をお伝えします。
あなたの離婚したいけど離婚できない悩みを解決します。

そもそもどうして離婚したいのにできないのか?

離婚したいでもできない具体な理由とその解決策分析

妻離婚したいけど離婚できない

私が浮気をして(有責配偶者)離婚できないため

有責配偶者とはそもそも何?

有責配偶者とは浮気した妻なら責任のある妻という意味です。
夫が浮気をしたのなら責任のある夫という意味になります。

浮気をした方からは原則離婚ができません

浮気をした方から原則浮気ができません。
法律はそのような手気ままを許すものではないという一貫した
姿勢でした。
つまり原則的に有責配偶者からの離婚請求はできないのです

踏んだり蹴ったり裁判とは?

有責配偶者からの離婚請求を踏んだり蹴ったり裁判といいます。

踏んだり蹴ったりとはどういうことかというと

浮気をされてムカつくのに更に輪をかけて

離婚したいとはダブルパンチ

浮気された自分から離婚したいならわかるが

浮気したお前が離婚したいいうな!

これが踏んだり蹴ったりさいばんといわる所以なのです

 

 

踏んだり蹴ったり裁判

浮気をした方からの離婚請求は原則認められません。
ですが昭和62年9月2日の最高裁の判決で浮気した方からの
離婚請求が認められたのです。

35年ぶりの判例の変更で新聞をにぎわかしました。

・別居が相当な期間
・夫婦の間に未成熟な子供がいない
・精神的に経済的に苛酷な状況に置かれていない

この3つがポイントとなります。

有責配偶者の離婚の判決から分析した解決法

別居する

夫婦は共同で生活を営む義務があります。
その上で別居となるときちんと相手方の生活を保障する義務が発生します。

別居できない男

別居できない場合はお金の援助ができない場合があります。

解決法残された配偶者や家族の生活が苦しくならないようにする

有責配偶者からの離婚請求も認められやすくなるといえるでしょう。

離婚できないのはズバリ配偶者の給料がないと生活に苦しくなるから

お金の問題は非常に深刻です。
最終的に生活保護で着地する方向で検討すればお金の心配はなくなります。

解決法:実家を戻る

選択肢のひとつとして実家にもどるとう選択肢があります。

:解決法:家がある場合は自分がでていくのではなくて相手にでていってもらう

解決法:引っ越すための物件を探す

物件を探すポイントですが生活保護の受給の
範囲の金額で物件を探すのがコツです

解決法:生活のため働くところを探す

おちかくのセブンイレブンをおすすめします。
セブンイレブンで働くメリットは仮に引っ越ししても
店舗でのマニュアルは同じなのですぐに
働けるのです。
また朝昼晩とシフトが変わります。

解決法:母子手当を請求する

母子手当の申請は完全に別居して
住所を移動していないとできない点に注意しましょう。

子どものことを考えてると離婚できない

子供が何才でしょうか。10才までは
判断能力がないので母親が引き取ります。
10才を超えても判断能力はないのですが
お父さんかお母さんのどちらを選ぶか
判断をゆだねるケースが多いです。

保育料の安い保育件を探す

保育園を探しましょう。

配偶者が納得しないため離婚できないから

配偶者が納得しない場合は
最終形は判決つまり裁判しかありません
離婚できないと忍耐し続けると起こる悲劇

そもそもなぜ離婚を耐え忍んでいるのか

紙に1つづつ書き出してみましょう

子供の為は本当の理由だろうか?

離婚しても立派に育つ子は育ちます。

離婚できないのはあなたの準備が足りていない

離婚するために弁護士に相談をしましたか>
離婚したいのにでも離婚できないときは弁護士への依頼を
検討するのおすすめです

妻と離婚したい夫ははチェック|夫が妻に離婚を説得する方法

離婚したいけど離婚できない

離婚したいけど離婚できない

主観的な理由を挙げてみます。

結婚を機に妻の見た目がガラリと変わった
自分中心的な性格の重さ
夫のお金を使いこんでしまった
セックスレス問題
家事がいい加減
浮気をする
他人の子ができた
客観的な理由を挙げてみます。
暴力・DV
どうして妻は離婚に同意しないのか
愛がまだあるから
子供がないから
同居人でも問題がないから
生活費のあて
お金がまったくない
夫が変われば解決するかも
双方の家族が苦しい関係
会社など世間体が気になるから
セックスレスについて
自分が変われば解決
妻とどうしても離婚したい場合にまずするべ行動
安易な別居は危険
仕送りができないのならやめましょう
家にたまにしか帰らないのもダメ
生活同居義務に違反します
離婚を決意する

離婚の決意イコール準備問えます

なぜ妻と離婚したいのをちゃんと説明する

主観的でなくて客観的説明しましょう

妻と離婚したい場合に前もって決めておいた方が良いコト

親権と養育費です。

慰謝料に関すること

資産能力がポイントとなります。弁護士に収入を伝えて
早い段階で算出してもらうのがおススメです。

財産分与に関すること

財産分与は浮気の有無に関係はありません。

親権に関すること

親権が決まらないと離婚できません

養育費に関すること

養育費は大学の費用も近年はいってきています

取り決めた内容は公正証書に

公正証書は判決と同じ効果があります

妻と離婚したい場合に夫が妻に離婚を納得させる手順

客観的に解説する。
生活費の確保から話をスタートるのもいいでしょう

すぐ感情的になる場合

感情的に話すを疲れるのを待ってから話しましょう

冷静に拒否される場合

冷静に拒否される場合は内容証明がいいでしょう

自分が不倫をしていた場合の対策

最小限に抑える事です。証拠を残さないようにしましょう。

疑わしい証拠は消しておく

スマホのパスワードは変えましょう

浮気や不倫の具体的な証拠となるもの

クレジットカードでのホテルの支払いも自作行為です

もし相手が証拠を用意している場合

こちらも相手方の証拠をおさえましょう

慰謝料請求から逃れたいなら

慰謝料請求から逃れるというよりも
最小化する方向を考えましょう。
相手方の落ち度を探りましょう

まとめ

弁護士に今挙げた項目をノートに箇条書きで書き出してみましょう。

その上で弁護士に相談するとより効果的になります。

妻と離婚したいのにできない方へ~離婚を現実にする 男の離婚119番

固定資産税

固定資産税

離婚前に確認すべきこと

マイホーム

固定資産評価証明書と残高証明書です

養育費

学費を割り出します。

婚姻費用

夫婦共同ですすめた金額です

面会交渉権

親権を相手方に渡した場合も面接交渉権
を決めます。これが交渉の切り札となります

離婚する心構え

離婚する場合の心構えを探りましょう

奥さんと離婚する方法

有責配偶者の判例をチェックします

離婚の証拠を掴む

探偵もおおげさではありません

妻を説得する

生活費の確保を条件に説得しましょう

不満を冷静に素直に伝える

客観的な不満をつたましょう

まとめ

離婚を現実に向かうための必要な項目をお伝えしました。次は誰も教えてくれなかった

離婚したいけどできないあなたの解決の方法を伝授します。

 離婚したいけど離婚できない3つの具体的な方向性とは?

離婚

離婚お金がない

離婚したいけど離婚できない。そのために準備すべきポイントも網羅して解説してきました。
最高裁の判例から有責配偶使者の離婚請求が認められたポイントをお伝えした。

・別居期間が相当な年数
・未成熟な子供がいない
・社会的経済的に精神的に苛酷で熾烈なじょうきょうではない。

もしもあなたが浮気をした方であれば
これらの基準から考えるのをおススメします。

慰謝料や養育費は漠然と相手の要求を呑みこむのではなくて
あなたの個人資産や月収から逆算をして割り出して
最適化の金額をだすのをおすすめします。

そうしないと浮気したからといってやみくもに
お金を請求されることがなります。

有責配偶者の判例を言い換えると

・相当な年数の別居
・子供が社会的に自立している
・相手方の生活が確保され特段苦しい生活を強いられていない。

こうした条件が整えば
いくれでも有責配偶者つまり浮気した方からの離婚請求は認められます。

仮にあなたが夫ならこの3つの条件がダイレクトに算出できます。

もしもあなたが妻ならまず別居を視野にいれ
子供の自立の方向性の道をつけて
お金については最低限の生活を確保するプランを練ることです。

離婚できない男の方もいると思います。
妻と離婚したい子供ありという悩みの方も当然おられるでしょう。

準備しないと青天井で慰謝料を請求されます。

離婚しなくても慰謝料を請求される場合があります

それこそ踏んだり蹴ったりです。

ただお金がないとなげくのではなくて

個人収入と家族の月収を準備して
あなたにとっての最適な金額を算出する事をおすすめします。

繰り返し3つのポイントをお伝えします。

・相当な年数の別居
・子供が社会的に自立している
・相手方の生活が確保され特段苦しい生活を強いられていない。

多くのサイトが離婚の問題は弁護士に相談しましょうとだけなっています。

それはもちろんそうなのですが離婚ガイドでお伝えしている

3つのポイントを意識しながら行動することをおすすめします。

\ SNSでシェアしよう! /

離婚ガイドの注目記事を受け取ろう

離婚

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

離婚ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

  不動産さんざん売却君紹介   不動産さんざん売却君一覧

andy72

関連記事

  • 土地売却注意

  • アパート大家殺害で家賃滞納の元入居者逮捕から見る大家の悩み

  • 日当たり

  • Yamato City

  • 不動産売却時の固定資産税はどうなるの?

  • Hachioji