1. TOP
  2. 生活保護
  3. 生活保護受給したい時に生活保護申請の所有不動産はどうすればいい?

生活保護受給したい時に生活保護申請の所有不動産はどうすればいい?

生活保護 この記事は約 9 分で読めます。 332 Views
生活保護

 

「失業してしまう。収入がない。金銭面で頼る人がいない」そう思う人は多いでしょう。」

そのような方に受給資格が満たしているかどうかをチェックして条件がそろっており申請を通すための対処方法を知れば生活保護の受給は可能となります。

生活保護を申請されたい方はまず相談にいきます。そうではなくて生活保護の相談に行く前にある程度準備をすることをおすすめします。ここでは生活保護の全体像と生活保護の際の不動産について徹底的に解説していきます。生活保護の申請はここのページだけで必要十分になります。

生活保護とは

生活保護はお金に困っている人が行政から月々一定のお金を給付してもらうことができる仕組みになっています。

 

 

生活保護を受けるための要件とは?

 

どうすれば生活保護を利用することができるか?

生活保護受給資格

預貯金・現金がほぼない

原則的に土地や建物の不動産がない(不動産はケースバイケースです)

助けてくれる身内がいない。

他の公的制度の支援が受けられない場合や足りない場合

病気などの理由があり働けない。

 

生活保護法における世帯

インターネット上で生活保護についての解説が多く見受けられます。しかし世帯についてはあまり解説がありません。世帯の考え方について検証していきます。

生活保護の実施は世帯単位

世帯全体の生活状況を観察されます。生活保護が受給できても世帯員が増加をした時は

生活保護の受給が停止されます。

 

生活保護の手続きの流れ

福祉事務所にあなたの困窮の根拠の証拠を持参する。

・通帳・給料名声

・失業している場合は離職票

・診断書・障害者手帳・通院の記録

・その他 住民票・戸籍謄本

・本人確認書類(運転免許書・パスポート・住民基本台帳カード・顔写真)

 

福祉事務所の調査事項

・資産調査

・生活状況の調査

・他の公的制度について調査

・就業可否の調査

・借金の調査

 

生活保護のデメリットとは?

・健康保険証がもてない。

・財産をもてない。

・借金ができない。

・保険に加入できない。

・ケースワーカーの指導に従うべき義務がある。

生活保護の目的

すべての国民に最低限の生活が保障されています。最低限の生活の保障と自立助長にあたります。

生活保護法第1条

この法律は,日本国憲法第25条に規定する理念に基づき,国に生活に困窮するすべての国民に対し,その困窮の程度に応じ,必要な保護を行い,その最低限度の生活を保証するとともに,

その自立を助長することを目的とする。

生活保護第2条

すべて国民は,この法律を定める要件を満たす限り,この法律による保護を,無差別平等に受けることがでる。

生活保護第3条

この法律により保障される最低限の生活は,健康で文化的な生活水準を維持することができるものではならない。

 

こちらをよく読んでください。そして切り札は次の憲法第25条です。生活保護の申請に

行く時にもっていてスマホを開いてチェックしてみてください。

 

 

憲法25条

すべて国民は,健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は,すべての生活部門について,社会福祉,社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

 

この条文は面談の時にぜひもっていってください。そして読み上げてみてください。

生活保護の8つの扶助とは?

教育扶助

住宅扶助

介護扶助

医療扶助

出産扶助

生業扶助

生活保護の手続の流れ

 

生活保護の金額

生活保護の金額は市町村によって異なりますが地方であれば10万円相当と考えてよいでしょう。

 

生活保護申請

生活保護の申請は誰でもできます。

生活保護申請保護の保護を原則が生活保護法第7条でうたわれています。

「保護は要保護者,その扶養義務者又はその他の同居の親族の申請に基づいて開始するものとする。但し,要保護者が窮迫した状況にあるときは,保護の申請はなくても,必要な保護を受けることができる」

この説明も重要です。

 

生活保護申請から決定の時期とは?

申請から決定まで原則は14日以内にしなければなりません。

 

生活保護の申請が却下された場合は?

決定から30日たって決まらなければ実施期間が却下したものとみなされます。

 

 

 

自分で生活保護の申請ができない場合とは?

本人が申請できなくても職権で決める事ができます。

 

生活保護における収入とは?

保護の補足性

利用する資産や能力の活用をして他の扶助を優先していき生活に企てて健康で文化的に

最低限度の維持ができない場合に生活保護が受給できます。

平成18年3月30日社援保発0330001号「生活保護行政を適正に運営するための手引きについて」

 

「要保護者に対してきめ細やかな面接相談申請の意思のある方へ申請手続への援助指導を行うとともに,法律上認められた保護の申請権を侵害しないことは言うまでもなく,侵害していると疑われるような行為自体も厳に慎むべきものである」

 

 

不動産を持っていても生活保護の申請を受けて受給できることができるかどうか?

不動産をもっていても生活保護の受給ができるかどうかは状況によりけりです。

つまりあなたが具体的に攻略法を知れば不動産をもっていても生活保護の受給を受けることができるのです。

 

不動産を所流していると生活保護を受給できないケースとは?

不動産をもっていても生活保護を受給したい場合は不動産をもっていると生活保護を受給できないケースを知るのが重要になってきます。

 

不動産をもっていて生活保護を受給できないケースとはまずは住宅ローンが残っているケースです。住宅ローンの残債がある場合はまず生活保護の受給は無理だと考えましょう。

 

ここであなたが知っておくべき内容は考え方です。

どうして住宅ローンをもっていると生活保護を受けれないかというと仮に生活保護を受給していて不動産をもっているとなると生活保護費を住宅ローンの返済にあてると資産を増やしている事につながるからです。これは生活保護の目的に反します。

生活保護の目的に逆行しないか常に考えてみましょう。

 

住宅ローンをもっている場合に生活保護を受給したい場合の対策とは?

住宅ローンをもっていても生活保護を受給したい方はもちろんいらっしゃると思います。

そのような場合にどのように対応をしたら良いかお伝えしていきます。

 

住宅ローンがある場合

住宅ローンが延滞している場合

住宅ローンが延滞している場合はその不動産を無料一括査定にだして専属専任媒介契約を結びその書面を福祉事務所に持参することをおすすめします。

 

住宅ローンの延滞の場合は売却ができても手元に現金が残りません。その点について

アピールするべきです。生活保護は原則的に不動産の所有が認められていません。ですが

相談の際に不動産の方向性が明らかになっていれば生活保護の受給の審査は通る場合があります。

 

 

生活保護持家

持家を持っていると生活保護を受けれるかという問題は数多くでる疑問です。

 

朝日訴訟一審判決「健康で文化的な生活水準,国民の生活感情等によって作用されるものであり,したがってその具体的内容は決して固定的なものではなく通常は絶えず進展向上しつつあるもの」としています。

 

この「固定的なものではなく通常は絶えず進展向上」をチェックしてください。

 

生活保護の申請が却下されたら不服申し立てを活用する。

生活保護の申請が却下されてしまった人もいるでしょう。そのような人におすすめなのが不服申立て制度です。生活保護の不服申立てには審査請求と再審請求があります。

審査請求

処分庁の直近の行政庁そして都道府県知事に審査を求める。

再審請求

審査請求についての都道府県知事の採決に不服がある場合厚生労働大臣に対して再審請求をする方法です。

 

不服申立ての記載事項

審査請求の使命住所押印年齢

代理人の場合は請求人の関係と代理人の氏名住所

処分をした機関

処分の件名

あて先は都道府県です。

不服審査の審理の方法

書面

採決機関

審査請求に対しては請求のあった日から50日以内に採決を行わなければならないことになっています。

生活保護を受給したら母子手当は?

生活保護を受けると母子手当を受けていた児童扶養手当などはもらえなくなってしまうのではと悩んでいる方が数多くいます。

生活保護で母子手当を受けている方のたった一つの注意点とは?

母子家庭を受けている方の注意点はお子さんが18歳になって就職をすると

生活保護がただちに打ち切られますので注意が必要です。

生活保護が突然打ち切られる注意点とは?

生活保護で最も注意すべき点は受給の突然の打ち切りです。なぜかというとお金が突然に入金された場合です。また相続の場合も同様です。

 

相続で現金を受け継ぐでも生活保護の受給を止めれるとものすごく困る場合の対処法

そのような場合は相続放棄をして兄弟姉妹に相続をしてもらうことをおすすめします。そしてご馳走になったりしてもらってはどうでしょうか。

極端な意見ですがこうすればこうなるという方向性を知るのもものすごく重要です。

生活保護申請の自分の不動産の方向性を明快するのがコツ まとめ

 

生活保護を受給の相談に行く前はきちんと準備していくべきです。その方が審査する方も

受給を希望する方もスムーズにいくべきです。生活保護の受給決定については実は不動産の今後の展望を明快にするのをおすすめします。不動産を所有してない人は逆説的に言えば生活保護がスムーズにできます。一方で不動産を所有している人は査定をして処分の方向性を示すことが生活保護受給の審査をクリアするステップとなります。

 

生活保護と不動産というのはものすごく直結しています。多くの人が考えている以上に不動産は生活保護の受給の判断に大きく左右されます。最終的にあなたが生活保護を十九するしかない。そう心に決めているのであれば今すぐ不動産を売却して生活保護を受給した際の日用品の購入に充てた方がいいと考えられます。また借金があって自己破産を回避したいのであれば借金の返済をすべきです。また親兄弟に借金があればやはり返しておきましょう。ご自身の葬儀代金をお渡してもいいかもしれません。人生の最終局面で生活保護を受給を希望される方も多いと思います。きちんと整理をして親族との関係を円満にするのも不動産を売却する目的に含まれてもいいはずです。

生活保護を受給しようと思ったらぜひこのページを見て繰り返しチェックして確認してみてください。

 

 

生活保護持家がある場合はコチラ!

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

生活保護

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!