1. TOP
  2. イエウール
  3. 新型肺炎対策は不要な不動産を今すぐ売却して現金にするのをおススメ

新型肺炎対策は不要な不動産を今すぐ売却して現金にするのをおススメ

イエウール この記事は約 4 分で読めます。 233 Views
マスク

新型肺炎対策は不要な不動産を今すぐ売却して現金にするのをおススメ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 新型肺炎-683x1024.jpg です

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)が相次いで報告されていて先が見えない状況が続いています。

家族をまもるためにするべき対応とは?

不要不急の集まりは避けて

新型肺炎から家族を守る方法とは?

冷静に考えてください。

自宅以外の空き家や空き土地があれば今すぐ売却にして現金にする事をおすすめします。

まずは現金の確保が重要だからです。

家族を守るためにまずはいらない不動産を売却して現金にしましょう。

日本の2020年の幕開けは激動ともいえる。カルロス・ゴーン被告の国外逃亡そして米イランの危機更にGDPのマイナス。そして新型コロナウイルスの拡大

正月返上でカルロス・ゴーンは逃亡した。カルロス・ゴーンの評価は別として自分で自分の身を守ろうとした行動だ。

イランのスレイマニ司令官の暗殺も原油価格の高騰のみならず自衛隊を中東に派遣するかどうかの議論が巻き起こった。

そして新型コロナウイルスで日本の経済は打撃を受ける。

新型コロナウイルスが発生したのは中国である。であるが今一番大打撃をうけているのは

日本であるといえるのではないか。中国からの観光客で日本はものすごく発展したといえる。2020年までに訪日外国人の数は4000万人にするという日本の夢は今まさに打ち砕かれたといえよう。

習近平国家主席が団体の旅行客の海外渡航をシャットアウトした。日本が旅行から受ける恩恵はもはや期待できない。

2018年に中国人観光客の1/3が団体旅行のお客さんであった。東京な京都や金沢も多かった。彼が使ったお金は2019年だけでも約160億ドルに上回りその盛況さは目を見張った。

東京五輪はどうなる。

日本の課題は五輪の成功になる。であるがもっと大事なものに目をむけなければならなくなった。感染の情報のいきちがいでパニックも懸念される。

中国の感染者の発表の数も問題があると指摘する声もある。

ただ我々一人一人が大切にするべき点はまず自分の身をまもることである。

中小企業がコロナウイルスの危機から脱出する方法

中小企業倒産

中小企業倒産

中小企業の業態によっては倒産まで風前の灯の会社もあるかもしれない。

ここで経営者の方にお伝えしたいのはまずは落ち着いて不要な不動産を売却するべきである。

まずは売りにだす。このような時だからこそすぐに買う人もいるかもしれない。

飲食店の経営でコロナウイルスのピンチを脱出する方法とは?

飲食店倒産回避

飲食店倒産回避

飲食店でピンチの方もいるであろう。不動産を売却したらお店がなくなるよ。

そう答える人もいるであろう。

そのような方に必殺技を伝授したい。

それはあなたのお店を家賃10万円の賃貸物件にするのだ。

そして店舗を例えば2000万円で売りに出す。

あなたは退去する必要がない。

あなたが誰にも言わなければ不動産を売却したのは誰もわからない。

一国一城の主から賃借人になるのだ。

普通の不動産無料一括査定サイトで構わない。

必ず要望を満たす不動産会社はあらわれるはずだ。

ここは踏ん張りどころである。

新型肺炎対策は不要な不動産を今すぐ売却して現金にするのをおススメ まとめ

https://fudousanbaikyakuguide.org/ieul-2/

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

マスク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!