1. TOP
  2. 未分類
  3. あなたにピッタリの税理士を納得がいくまで無料ですべてわかる

あなたにピッタリの税理士を納得がいくまで無料ですべてわかる

未分類
この記事は約 6 分で読めます。 478 Views

相続手続の流れはすべての人が必要な情報となります。相続とは被相続人が死亡した瞬間からスタートするといえるでしょう。ここでいう被とは被告の被で実際に死亡したひとを指します。相続とはそもそも何でしょうか。

ある人が死亡したためによってその人の財産が一定の身分関係にある人またはその死亡した人が指定して決めた人に受け継がれることをいいます。身分関係にある人は家族ともいえます。法定相続人といいます。各々の家庭環境によっても大きく異なりますが配偶者と子供が主なケースです。通常は配偶者と子供が生きていれば配偶者と子供になります。

死亡した人がし指定する人とは遺言書に記載されている人といえます。亡くなった人を被相続人と言います。財産を受け継いでいく人が相続人といいます。

 相続が発生すると多様な手続の必要性がでてきます。まず死亡届けを提出しなければいけません。死亡届け出は7日以内の医師の死亡診断書を添付します。死亡後に7日以内に死亡診断書を市役所に提出しなければなりません。また一般的にいわれることですが,死亡者の預貯金がおろせなくなります。

また単純承認の場合は特に意思表示は必要ありませんが相続放棄の場合は3ケ月以内に申し出なければなりません。

 限定承認も3ケ月以内です。

 亡くなった人に収入があった場合に相続人らは相続人全員で準確定申告を行う必要があります。期限は相続開始から4ケ月以内です。

また相続税は多くの方がご存じですが相続を知った日から10ケ月以内です。

 ここで覚えておきたいのは相続人らの意見が異なっていても別々に申告できることができます。相続人がまとまらない場合は法定相続人の配分でわけて仮の申告をしてまとまり次第修正申告をすることができます。こうしてみると相続が発生して10ケ以内という期限はとても短いことがわかります。悲しみにくれている暇はないといえるでしょう。相続税の申告にいくまでに必要不可欠なステップがあります。遺言があるかどうかの確認です。

そして相続人を確定します。ここは専門家に誰が相続印になるか聞いた方がいいかもしれません。相続税総額の計算をします。そして各々人の相続税の計算をします。そして納付額を確定します。こうしてみるとやはり納付期間は極めて短く感じると実感できます。

また申告の期限はでまにあわない。そういう事態も想定できます。その場合には法定相続分で相続をしたものとして仮に申告することが可能です。そしてその後に修正の申告をします。 

 相続税の手続が必要な人が必ずでてきます。

これはどういう人かといいますと相続時精算課税制度により財産の贈与をうけた人になります。相続税が必要かどうかあらためて算出されます。被相続財産を受け継いでいくことができる人は民法で定められております。

それは法定相続人といいます。

法律で決められている法定相続分と果たしてどのような制度をいうのでしょうか。

配偶者は1/2と決められています。1000万円なら500万円という意味です。

 配偶者と聞くとご主人から見た奥さんです。または奥さんから見たご主人です。

そして子供は2分の1です。子供が4人いたら8分の1になります。これは配偶者と子供が相続人の場合です。

 仮に配偶者が死亡してしまっている場合は子供が全部相続してしまうことになります。

配偶者が被相続人と父母だけの場合です。この場合は配偶者が死亡してしまっている場合は父母が全部相続することになります。

 配偶者と兄弟姉妹だけの場合もあることでしょう。そのような場合は配偶者が3/4で兄弟姉妹が1/4です。これは遺産分割だ話し合いがつかない時の配分ですから注意していただきたいのは必ずしも遺産分割しなければならないわけではありませんのでご注意ください。仮

ちなみにこの法定相続人以外の人も財産を受け継ぐことが

可能になります。それは遺言で相続人ではないけれども相続人になる場合の人も発生します。

 相続で課税の対象となるものは果たして何でしょうか。それは金銭に加算できるものすべてが挙げられます。

 相続税というのは自分で申告する税金です。ですから申告する人が自分で評価して税務署に報告しなければなりません。もしも申告する人が間違えて高くすると本来納めなくてもいい税金をおさめることができます。

 という事は不動産をいくつかで見積もって

安い方で評価すればそれは成り立つということでしょうか。そこは確認してもおもしろいかもしれません。

相続財産は相続が発生した瞬間はどのような状態になっているのでしょうか。それは相続人が複数いる時は相続財産は相続人らの共有になると考えられます。ですが遺言が定められている時は遺言にそう定められます。

相続をするという事は身内が死亡するということです。悲しむ人も多いでしょう。ですが自分の支払いもあって早くお金があたるなら早くお金をだしてほしい。そう考えている人もいるでしょう。多くの人が悲しみふけります。ですが悲しんでばかりいられない。とりあえずもらえる現金があるなら早く欲しい。

そういった相続人も数多くいます。そしてそれをあなたも実感できるのかもしれません。

この場合に相続を立証できればいつでもお金が出勤できます。ここで注意していただきたいのは銀行の独自のルールがある場合で相続人全員の出勤や同意書や実印が必要になる場合です。

 相続人は2人以上の相続人での共有で相続する場合が当然あります。現金に変えればお金になるわと当たり前ですで実はものすごく大変です。売却する場合も仮に家賃が発生している場合も必ず共有して運用しなければなりません。全員の同意の署名がいるからです。

相続人が地元にいない場合もあるでしょう。

そんな方は県外までハンコの署名をもらいに郵送しておくりかえしてもらえなければいけません。境界確定をする場合のハンコも全員で協力しなければなりません。相続人について最終的に注意しなければならないパターンは認知症や未成年者がいる場合です。遺産分割協議ができないからです。意外と人ごとに思われがちですがこれは重要なポイントになります。こうして考えると遺言は早めに考えることが必要です。よくうちは仲が良くて別に大丈夫だという高齢の方がいます。ですが仮に本当に仲がいいからといって相続の準備をしなくてもいい。そういう事ではありません。仲が良い子供達の関係を壊したくない。

そうだとすれば必ず準備をすべきです。

遺言をきちんと書く。マイホーム以外の不動産はすべて現金にしておく。こうした事は残された子供達のトラブルを防ぐ絶好の最大の防御となります。

 多くの人は相続に関してまだまだ実感が湧きません。そうはいっても何からはじめていいかわからない方も数多くおられるでしょう。

そうした方におすすめするのはまず遺言の整備です。そして2番目には不動産を処分して

現金に査定することだと考えられます。

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

  不動産さんざん売却君紹介   不動産さんざん売却君一覧

andy72

関連記事

  • HOW TO GET PUBLIC ASSISTANCE IN JAPAN

  • 日当たり

  • 土地売却注意点

  • 家を高く売る方法ガイド

  • Minamiashigara icity

  • Kiyose City

Translate »