1. TOP
  2. イエウール
  3. 相続不動産売却の最新の2つの注意点とは?相続で家族が後でもめないための不動産売却の流れとは?

相続不動産売却の最新の2つの注意点とは?相続で家族が後でもめないための不動産売却の流れとは?

イエウール この記事は約 7 分で読めます。 512 Views
相続不動産

相続はある日突然発生します。相続で不動産を残された家族でどう対応していくか。何をどうしていいかわかない方も多いものです。ここでは相続で不動産売却が必要な時に何にまず注意して残された家族で分けるかについて解説します。そして相続不動産売却で後でもめないための最初のステップでこうした方がいいという手続きの方法もお伝えします。

相続不動産売却流れ

相続で不動産売却の流れで必要な一つの知識があります。それは相続する際には登記が必要になるという点です。この点を誤解している方は多いものです。相続で不動産を取得するには相続人全員の登記が必要です。

具体的には相続人の実印と3ケ月以内の印鑑証明書が必要です。市役所で実印登録をしていなければ市役所で実印を登録するところからスタートしなければなりません。実印登録はどのようなハンコでもかまいません。

ここでおすすめしたいのは市役所で印鑑証明書を取得したら司法書士に預けるということです。そして司法書士の委任状にもサインをして司法書士に預けるのです。よくあるケースはすでに相続を決めているのですがこの印鑑証明書取得の際に奥さんに止められたりもっとお金をもらえるのではないかと渋ってしまうケースがあります。

相続した不動産を家族で分けて売却するコツは寄与分と特別受益

現代の相続の現状で注意するべき点つまり抑えるべきポイントは2つあります。それは寄与分と特別受益です。寄与分というのは故人のために生前介護をつくして人に与えられる制度です。例えば兄は大学は医学部にいって兄弟姉妹の仲で特別に援助を受けた場合にその分も考慮に入れるという点です。

 

例えば妹さんだけ介護につくした場合に自分にその分の相続のお金が欲しいと思うとしましょう。その場合は話し合いで決着をつけた方がベターです相続というのは残された家族で話し合いで合意があればそれでOKです。もちろん遺言も視野に入ってなければいけませんが話し合いで結局をつけた方が労力がかからない。この点をしっかり覚えておきましょう

相続の最初のステップは遺言書があるかないかをまず確認

相続で不動産売却をスタートさせる際もそうですがまず故人の遺言書があるかないかを確認します。思わぬところからでてきたりするのでしっかり確認しましょう

遺言書で残された財産の分割が変動

遺言書がない場合は法定相続の法律の決められた割合で財産を分けます。

まずその大前提を理解する必要があります。

自筆証書遺言

自分で書いた遺言です。

公正証書遺言

公証人に作成してもらう遺言です。公正証書は原本が公証役場に保管されています。不動産売却の場合はスピーデイ―といえます。

遺言の効力についての注意点ですが自筆証書遺言も公正証書遺言も効力は全く変わりはありません。日にちの最新の方が効果があるといえます。

言い換えれば公正証書遺言も後の日付で自筆証書遺言があれば打ち勝つのです。

遺言に納得がいかない場合は遺留分

遺言に納得がいかないそう考える人も多いでしょう。例えば長男が魚屋さんをしており

自宅店舗を売却できるそのまま長男が相続する場合です。現金での残された財産もなく妹さんの取り分もない。遺言は全部長男となっていた場合です。

このような場合は遺留分で妹さんが対抗つまり主張します。

ここでは遺言について解説いたしました。

相続の次のステップである第2段階目は相続人を確定させる

次に相続人を確定させます。内縁の子がいた場合などがあげられます。

内縁の子を無視して相続を進行させることは不可能です。非出子で認知された子供は普段兄弟姉妹があったことがなくても初対面でも法定相続される割合は

同じですので注意が必要です。早い段階で連携をとるのが賢明です。

相続の第3段階は相続財産の確定

相続財産の確定とはプラスの財産だけではなくてマイナスの財産も含みます。

つまり借金も相続財産にむくまれて保証債務なども含まれるのです。

プラスの貯金と不動産がまず挙げられます。ゴルフの会員権なども含みます。

マイナスの財産はカードローンや住宅ローンが入ります。

相続の第4段階目は遺産分割協議書を相続人全員で作成

遺産分割協議書の署名捺印が必要になります。ここで知っておきたいポイントは相続人全員が必ずしも面談する必要性はないということです。

司法書士におねがいしても大丈夫です。司法書士がどこまで動くかは司法書士にもよりけりますが不動産売却の仲介業者と連動させて事態を動かすのがスムーズに進行するコツです。

相続の第5段階目は相続の税金を理解し申告の必要性も把握する

不動産を相続する際に発生する税金

固定資産税

2000万円の固定資産評価ならば0.4%で8万円となります。

相確続税

相続税は基礎控除があります。基礎控除を引いてから残った金額に税金が

かかりますのであなたのケースの場合の基礎控除もしっかり確認しておきたい所です。

相続税の基礎控除額=3000万円+相続人の数×600万円

 

相続税の相談をするケースで確認すべき点はうちの場合は相続税はいくらかかるか

相続税を確認する際に最も重要なのはうちの場合は相続税はいったいいくらかかるか?

この点を税理士に相談する際にまず確認してみましょう。ですから相続人の確定と財産の

確認が終わった場合にネットで税理士に相談してもいいでしょう。普段お世話になっている税理士でもいいですが新しい知恵というのでそういったネットで税理士で相談しても

いいかもしれません。その際は相続税の算出と基礎控除がいくらかもきちんと質問して

押さえておきましょう。

 

相続で不動産を放置するとあなたにリスクが高まる

 相続不動産売却の最新の2つの注意点とは?相続で家族が後でもめないための不動産売却の流れとは?まとめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 遺産分割協議.jpg

 

相続不動産売却の流れを相続全体の流れから解説させていただきました。

まず遺言書があるかないかの確認の有無

そして相続人の確定をして次に相続財産の確定をします。次の遺産分割書の作成は

相続人全員で作成する必要性について解説しました。

 

現代の相続のポイントとして寄与分と特別利益について解説しました。

介護される人が数多く介護に貢献する人が数多くいるケースが推測されるからです。

寄与分は家族の一人が故人の介護をしたなど特別に故人に貢献した場合です。

特別利益は学費に特別に他の兄弟よりも多く金銭を援助してもらったなどです。

せっかくなのでここで寄与分に更に詳しく解説します。介護親族の請求権として2019年7月1日からはじまった制度について解説します。簡単にいると介護で頑張ったのでお金を請求できるというシステムです。

 

介護親族の3つの請求権として

  • お金なしで無償で介護した点
  • 被相続人の親族
  • 被相続人の財産の維持増加に特別に寄与した場合

 

ここで注意したい点は介護親族の請求権は相続人になるわけでは決してないという点と

続開始を知った時から6か月そして相続開始の時から1年経過すると家庭裁判所に対する権利は請求できなくなるという点です。血縁関係のない長男の奥さんなどが該当しますのでよく理解しておきましょう。

 

相続不動産売却のまとめになりますが相続の悲しみに沈みながら不動産売却の手続をすすめることをおすすめします。49日には遺産分割書のサインができるくらいのスピードが

理想的です。ネットとなるのが不動産売却です。不動産をすぐに売却できない事情があっとしても不動産無料一括査定を利用して査定をだすことをおすすめします。49日に

きっかけとしてその場から無料査定に申し込んでもいいかもしれません。

数字がそろえば話し合いができます。話し合いもできないその前提の数字の資料もないという事態はさけたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

相続不動産

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Translate »