1. TOP
  2. 未分類
  3. 住み替えのはじめて聞くたったひとつの大切なポイントとは?

住み替えのはじめて聞くたったひとつの大切なポイントとは?

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 23 Views

買い替え特例を利用する時に自分の家を売ることが前提条件なります。

あなたはこの買い替え特例の罠を知っていますか?

不動産会社の営業マンでさえ気が付かない時があります。

この買い替え特例の情報だけはぜひチェックしてください。

以前の家を住まなくなった日から3年目の12月31日までです。

ここでよくトラブルになり裁判になるケースがあります。それを今からご紹介します。

それは12月31日までに売買契約をしていて決済が翌年にまたがった場合です。

すると買い替え特例が受けれなくなり裁判になったケースがあります。

もしもあなたが住み替えを考えているのなら不動産会社の連携が重要になります。

その時にあなたはこの話を不動産会社の営業マンにしてみてください。

この不動産売却ガイドを見たとはいわなくてもいいと思います。

この不動産売却ガイドはあなたの虎の巻にしてください。

あなたからこの話を聞いた不動産会社の営業マンは絶対にびっくりします。

そしてあなたをなめてかかれないと思うはずです。こういったプレッシャーは

あなたと不動産会社の営業マンの間にいれるのはものそごく大事です。

不動産会社の営業マンはより油断せずに対応しようと会社を上げて注意しながら

住み替えのステップを踏むはずです。

いうなれば質問ひとつで住み替えにパンチをいれるのです。

たったひとつの大切なポイントが

住み替えのその他の多くの重要点もよりよい方向にベクトルが向くのです。

この鋭い質問ひとつであなたの住み替えが好転するものなのです。

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

  不動産さんざん売却君紹介   不動産さんざん売却君一覧

andy72

関連記事

  • 住宅購入

  • 住宅ローン 注意

  • 不動産売却手続きから不動産売却流れを理解する7つのステップ

  • Higashimurayana City

  • 48歳、不倫されて別れた女をなお愛す男の意地記事分析・・有責配偶者とはそもそも何か?

  • 解体工事を安くしてトラブルのない業者に依頼する方法とは?

Translate »