1. TOP
  2. 新築
  3. 野村不動産アーバンネット
  4. 住み替えのタイミングを4つの分解して徹底解説住み替えは住宅ローンと引っ越しから理解する方法とは?

住み替えのタイミングを4つの分解して徹底解説住み替えは住宅ローンと引っ越しから理解する方法とは?

野村不動産アーバンネット この記事は約 6 分で読めます。 790 Views

住み替えのタイミングで理解すべき4つの方法とは?

住み替えは現在住んでいる自宅を売却して新居を購入するステップをさします。

この住み替えの4つの方法をあなたにお伝えします。具体的には売り先行と

買い先行そして同時売買をお伝えします、

 

売り先行の不動産売買の特徴

自宅の売却を先にして自宅が売却できてから新居を購入するという方法です。

この方法は金銭に余裕があるわけではない。そのような方におススメです。

自宅の売却のステップとして契約をしました。次に自宅をカラにして

最後に引き渡しをして残代金をもらいます。抵当権があればこの時に抹消します。

 

売り先行の自宅売却の際に新居を探すまでに賃貸を借りたり実家にもどったりと

つなぐ一定期間の間に住む場所を確保する必要性があります。

これが売り先行の方法の特徴といえるでしょう。

 

買い先行の不動産売買の特徴

 

自宅の売却を終えずに新居を購入する方法です。この方法は金銭に余裕がある

人向けです。何をもって金銭に余裕があるかというと家がもしも売れなくても特に

経済的に影響がない状況を指します。

 

買い先行の不動産売買の特徴としてつなぐ期間の賃貸を借りたり実家にもどる

必要性がないという点です。これはこれで売主にメリットがあるといえます。

 

住み替え 同時売却

自宅の売却と購入物件を同時に決済する不動産売買のステップです。

このケースの場合も一時的に住む場所が必要になります。

賃貸であったり実家に該当します。

住み替え 切り離し

自宅の住宅ローンを支払いながらなおかつ新居のローンも支払っていくことです。

これによって2重ローンという形になります。

旧の自宅が売却できるまでじっくり待つということになります

住み替えの切り離しの特徴としては旧宅が売却できるのをじっくり待つため

せかされる必要性はないという点です。

またデメリットとしては二重にローンが発生するので

経済的体力で耐えられない場合があります。

最悪売れなくても問題ないレベルの経済力がある場合に限られます。

 

 

 

 

 

住み替え費用の注意点をあなたは知っていますか?

住み替えブログをチェックして実際に

どのような理由で住み替えをしたか。

そして住み替え費用の注意点についてまとめてみました。

 住み替え理由の多数は小学校の選択転校

住み替え理由の多い内容は小学校の選択

住み替え理由について調べてみました。

転勤もそうなのですが

最も多い理由は意外な内容が挙げられます。

それは小学校の校下です。

クラブ活動の整っている地域に転校する

ケースが多々あるのです。

また子供の学力向上のためにみあった

学校の選択や将来のための選択が挙げられます。

クラブ活動のためだけで住み替えして家族が成功した事例

古い家を買い取りしてもらって土地を購入して

新しい家に引っ越しをしたケースです。

その方のお子さんは柔道をするために

住み替えを決断されて引っ越しをしました。

10年たった今連絡をとってみると

柔道をしていたお子さんは大学を卒業されて

柔道をしていた経緯もあり

警察官になれたそうです。

お父さんは大喜びで

あの時住み替えをしてよかったとの事でした。

 

住み替え税金の注意点は買い替え特例の日にち

買い替え特例を利用する時に自分の家を売ることが前提条件なります。

あなたはこの買い替え特例の罠を知っていますか?

不動産会社の営業マンでさえ気が付かない時があります。

この買い替え特例の情報だけはぜひチェックしてください。

以前の家を住まなくなった日から3年目の12月31日までです。

ここでよくトラブルになり裁判になるケースがあります。それを今からご紹介します。

それは12月31日までに売買契約をしていて決済が翌年にまたがった場合です。

すると買い替え特例が受けれなくなり裁判になったケースがあります。

もしもあなたが住み替えを考えているのなら不動産会社の連携が重要になります。

その時にあなたはこの話を不動産会社の営業マンにしてみてください。

この不動産売却ガイドを見たとはいわなくてもいいと思います。

この不動産売却ガイドはあなたの虎の巻にしてください。

あなたからこの話を聞いた不動産会社の営業マンは絶対にびっくりします。

そしてあなたをなめてかかれないと思うはずです。こういったプレッシャーは

あなたと不動産会社の営業マンの間にいれるのはものすごく大事です。

不動産営業マンへのあなたの鋭い質問が住み替えを成功に導く

不動産会社の営業マンはより油断せずに対応しようと会社を上げて注意しながら住み替えのステップを踏むはずです。

いうなれば質問ひとつで住み替えにパンチをいれるのです。

たったひとつの大切なポイントが

住み替えのその他の多くの重要点もよりよい方向にベクトルが向くのです。

この鋭い質問ひとつであなたの住み替えが好転するものなのです。

住み替えの注意点は住宅ローンをきちんと選ぶ

住み替えの注意点です。

例えば現在のお住まいを2000円で売却をして

5000万円の新築を購入するとします。

土地を購入する際に

土地代金を納めなければなりません。

また土地と新築を住宅ローンで借りる場合は

新築のプランと金額が確定していなければ

なりません。

逆算すると実際にあなたが住んでいる

家を売却する場合に空き家にしないと

現金が入りません。

一時的に借家に住むケースもあります。

既存の家を契約をして手付金をもらいます。

最終残金をもらう時は家から退去しなければ

いけません。

ここで住み替え専門の住宅ローンがあると

とても便利です。

住み替えのために退去して借家に住むのはやめた方がいい

なぜかといいますと住み替え費用がかさむからです。

ですからみ替えのためのつなぐローンを探すのが

住み替え費用注意点の答えになります。

 

住み替え費用注意点とは まとめ

まず住み替え理由について解説させていただきました。

住み替えの多数の1つの理由にお子さんの

小学校のクラブや進学目的の転校が挙げられます。

住み替え費用注意点についてまとめてみました。

住み替えには既存の住宅を売却するまでの

つなぎ融資を獲得することが

住み替えをスムーズにすることにつながります。

 こちらの野村不動産あーばんネットが住み替え

のつなぎ融資もサポートしています。

https://fudousanbaikyakuguide.org/sumikaehiyou/

 

 

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Translate »