1. TOP
  2. イエウール
  3. 土地売りたい悩みを解決する新しい方法とは?

土地売りたい悩みを解決する新しい方法とは?

イエウール 土地売りたい
この記事は約 6 分で読めます。 159 Views
土地売りたい

 

土地が売れない悩みを解決する方法は新築のセットプランをのせて売りだす。

土地が売れない。

このように悩んでいる人は多いものです。

このような人たちは土地が売れなくて途方に暮れています。

 

土地が売れない場合は土地を買う人の目的を考える。

土地が売れない時は土地を買いたい人の目的を考えてみましょう。

そもそもなぜ土地が欲しいか。

畑をしたい。そのような人は少ないと考えられます。

多くの人が土地を買いたい理由は家を建てたい。

このように考えられます。

土地から買う人は土地を持っていない人です。

ですから新築セットで購入をします。

ですからあなた自身があなたの土地に家を建てたら

いくらするか間取りを作成して見積もりをだすのです。

そしてそれで売りに出せばあなたの土地が売れる

確率がグッと上がるのです。

土地を買う人の見になってください。

土地に興味が湧きます。

住宅の営業マンが間取りをセットして

資金を算出します。

そしてそれを買主希望者に提案するのです。

こののステップをあなたの手でショートカットするのです。

この方法はものすごく効果的です。

ただ広告を出す時は場合によっては

不特定多数の広告にだすのには向かない

見る人が勘違いをおこすという

考え方もできます。

あなたの土地にすでに新築がたっている

錯覚を起こす人もいます。

ですがこのステップに合法的な方法があります。

それは手巻きチラシの作成で配るのです。

そうすれば特定多数で広告の規制に

ひっかからないのです。

宅建協会の人に

手巻きは特定多数で問題ないのではと

いったらその通りです。

サイト運営者の私は

この方向性の回答に

さすがですねと言われたことがあります。

では手巻きチラシ配布の範囲はどうすれば

いいのでしょうか。

県内全域というわけにはいきませんよね。

では質問です。

新築をする人は一番何を心配すると思いますか?

あなたにはわかりますか?

必ずなるほどと思ってもらえます。

家族であることをしたくないのです。

さて何をしたくないのでしょうか。

結論からお伝えします。

それは子供を転校を転校させてきいのです。

ですからアパートにすんでいれば

小学校校下で必ず探すのが原則なのです。

子供を転校させたくない。

環境を変えなくない。

これはお父さんとお母さんの率直な願いです。

土地に新築のセットプランをして同じ小学校校下に手巻きチラシを巻く

まずあなたの土地に新築のセットプランをします。

そして不動産無料一括査定であなたのそのセットプランを

手巻きチラシを作成して小学校校下のアパートに配ります。

不動産無料一括査定で6社もあればお願いすれば

チラシを作成して小学校のエリアに配布してくれる

不動産会社は見つかるはずです。

このように具体的なステップですすめるの

土地売却の成功のコツなのです。

土地売りたい悩みを解決する新しい方法とは?

まとめ

あなたの土地に間取りをセットして資金計画をつくる

土地と間取りをあわせて売りに出す

https://fudousanbaikyakuguide.org/ieul-2/

この2つのステップで土地を売売れない悩みを

解決するステップが完成するのです。

土地売りたい不動産売却の5つのリスク回避のための先手とは?

  古い家があれば取り壊す前に解体の見積もりをだす。

古い家があれば解体を検討する方もおられるでしょう。まずは解体の見積もりをだすのを

おススメします。お金に余裕のない方はその解体の見積もりを添付して土地として

売却します。

 

更地の用途の幅広さが不動産購入者の層を広げます。

 

解体費用は買主の住宅ローンに含むことはできない?

インターネット上の不動産売却のサイトでは

解体費用が買主の住宅ローンの対象に広がらないという話が

あります。ですが銀行によっては住宅ローンの対象に入る銀行も

あります。また購入者も一部諸費用を現金の場合もありますので

仮に解体費用を住宅ローンに含めない銀行であれば現金あつかい

して対応する手はあります。

ですから極力売主はお金を使わないようにしましょう。

ここで解体の複数査定をお伝えします。

普通は解体業者の安い見積もりを探します。

ですがあなたは高い見積もりを探しましょう。

そしてその金額を買主に提示しても大丈夫です。

これは解体の見積もりは進行の段階で絞り込まれます。

この解体の見積もりはむしろ交渉のカードになります。

 

2.境界の確定

土地を売却する際に境界が確定している場合と確定していない場合があります。

境界が確定していない場合は売主の負担になるのが原則です。早い段階で土地家屋調査士に見積もりを依頼しましょう。これは不動産無料一括査定の際に聞くといいでしょう。

3.越境の覚書

相手の土地に物が侵入しているときは覚書をしましょう。

4.土地の高低差を確認

 家を建てる時にの土地の土が低くて土を入れなければいけない場合があります。そのああいは事前に見積もりを出しておいた方がいいかもしれません。

5.土地の硬さを推測する。

新築をする人は土地購入の後に地盤の調査が義務づけられており土地が柔らかい場合は地盤改良を義務づけられています。

 売主は地盤改良まで義務づけられていません。ですが調べられる範囲で調べる必要はあるといえます。不動産無料一括査定であなたの売りたい対象の土地の同じ町内で土地売却をした経験のある不動産屋さんを探してみてください。6社あれば必ず1社はいます。

そして土地を売却した場合に新築の不動産会社と連携しているので土地購入の後に

地盤改良をしたか確認してみましょう。そうするとことによってあなたの土地が売却の後に買主が地盤改良が必要か必要ではないか見通しがたちます。

 周辺の売買事例で地盤改良の事例がなければまず大丈夫でしょう。

そういった周辺の事例も売買の購入希望者に情報提供する必要があります。そうしないと

地盤調査は頭になかったと言われてしまいます。

売主は地盤調査はする必要はありませんがわかる範囲で調べることが問われます。

 

古家付きの土地に新築をするメリット

これも売主の知識として知っておく必要があります。古家というのはものすごく重いです。当たり前です。その重たい古い家が何十年も地面の上に載っているのですから

地面の土はギュッとしまっているといえます。これも新築の建てるメリットとなります。

 

古家付きの土地の古家を解体する際の2つの注意点

 

1点目の注意点は解体すると大きな穴ができます。そこに土を盛るのでその分お金がかかります。どうせ解体するなら見栄えのいい良い土をいれるのをおススメします。

2点目は解体工事で境界の養生をしない解体業者 がたまにいます。

解体でせっかくあった境界点が飛んでしまったら大変です。

こういった点もあなたが一言売主の立場としていうと効果があがります。

土地売りたい不動産売却の5つのリスク回避のための先手とは?まとめ

 

土地を売りたい方は不動産売却の際にしっかりとリスクを回避したいものです。

値引きをするから現状のまま引き渡すなどはこれからは通用しないと考えられます。

多くの人は不動産無料査定は当たりまえにあると思っています。

ですがある意味でそれはまちがいかもしれません。

これだけ空き家が日本にあり土地もあまり人口も減っていきます。

もちろん時代の変化もありますが土地売却は今がベストという姿勢は重要です。

不動産の唯一の弱点はすぐに現金に変えれません。

緊急事態があり今すぐお金に変えたいといってもすぐに現金に換金できないのです。

一定のステップを経る必要があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

土地売りたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

  不動産さんざん売却君紹介   不動産さんざん売却君一覧

andy72

関連記事

  • イエウールの口コミ評判にもない最新の不動産無料査定の方法を伝授!

  • 相続不動産は1日も早く不動産無料査定で売却するのが兄弟姉妹円満のコツ

  • 家売るいくら?一戸建て査定を最適化するコツをあなただけに伝授!

  • Foreinger want to sell house in Japan

  • 家売却方法は専属専任媒介契約で完結

Translate »