1. TOP
  2. 未分類
  3. 住宅ローン 注意

住宅ローン 注意

未分類
この記事は約 7 分で読めます。 242 Views
山形県

住宅ローンの重要さをあなたは知っていますか。

多くの人がマイホーム選びには入念になります。

ですが住宅ローンを選ぶ時は住宅会社の

いいなりのまま多くの人が決めています。

これはマイホームを決定して住宅会社や不動産会社の

信頼関係がMAXになっているときだからです。

ですが住宅ローンの選択であなたの家族の運命は

変わるものです。

マイホーム購入は1000万円単位の費用がかかり大きな金額を現金で全部用意するのは多くの人にとって不可能な話です。そこで金融機関などからお金を借りて住宅会社に現金で完済してその購入した不動産に抵当権をつけて毎月返済していくことを住宅ローンを返済するといいます。

住宅ローンには大きく分けて2つのローンがあります。
フラット35と民間のローンです。
この2つの違いを理解することが住宅ローンを成功に導くコツです。
住宅ローンで失敗は家族の破綻を意味します。

フラット35のメリット

35年の期間は固定金利です。
ローンを借りた後に明細をみるとわかりやすいというメリットがあります。

フラット35のデメリット
諸費用が自己資金で必要です。
固定金利で変動の心配がないと一般的に言われます。ですがそういって20年たってしまって変動は低い金利のままでローンがもう終局にさしかかりこれなら固定より変動にすれば
よかったという意見もあります。

民間の住宅ローンのメリット

民間の住宅ローンのメリットとしてズバリ110%の借り入れが可能です。これは
物件プラス諸費用という意味です。
自己資金がない。自己資金を手元に残しておきたい。そういう方にはピッタリのローンです。

民間の住宅ローンのデメリット

固定変動なので2年のものを選ぶとその時点での金利の選択になります。
そこのおおもとの金利があがってしまえばもともこもありません。

病気の場合の住宅ローンの加入

フラット35は任意加入です。
民間の住宅ローンは原則加入です。さらに具体的な話をすると一発でアウトという銀行もあれば大丈夫な銀行も実はあります。

土地を購入してから新築する場合の注意

土地を購入してから新築する場合の最大の注意点は間取りをあわてて決めなければならないという点です。通常契約から引き渡しまで2ケ月です。仮審査から本申し込みまでのステップで本申し込みの際に建築の図面が必要になります。すると土地を決めてから建物を建てるまで時間が全くないのです。
この点はしっかり覚えておく必要があります。
普段から土地にプランをのせて研究することが必要です。条件のいい土地ですとすぐに売れる可能性があります。ですからたたきだいだけみてそれで発射して後でプランを変えれないということもあります。

マイホーム購入のタイミング
マイホームの購入のタイミングはいつがベストでしょうか。
多くの人が悩みます。それはその人によってベストタイミングが異なるからです。
子供が小学校に上がる時だという人もいます。
結婚する時に建築する人もいます、
ここで共通のマイホーム購入のベストタイミングをお伝えします。

それは奥さんが結婚する前つまり寿退社する前です。
なぜかといいますとOLとしての所得証明が発行されるからです。
マイホームの購入時の借り入れは所得証明がすべてです。
当サイトでは夫と妻の共有名義はすすめていません。
ですが場合によっては共有しててでも購入されたいという方もいるかもしれません。
単純にご主人と奥さんと年収を合算するために借り入れ枠が増えるのです。

極端な話をすると奥さんだけで借り入れするのもいいでしょう。
所得証明がでるというのはものすごく偉大です。
すべてはここで決まります。

一般的に住宅を購入する際は不動産会社にプランを考えてもらって融資も不動産会社の営業マンに丸投げをします。
ですがそれはまちがいです。契約前までは不動産会社の営業マンに所得は絶対しらせてはいけません。なぜなら足元をみられてしまうからです。
注文住宅などはトクにそうです。

ものすごく注意が必要です。
自分でできないという方もいるでしょう。
それは当サイトで住宅ローンの審査をしてください。
当然あなたは不動産会社の営業マンと価格交渉をするでしょう。
その際に所得証明があれば足元をみられてしますのです。
多くの人がこの事実を知りません。

もちろん自分でネットで審査をして自分で最後までできない。そういう方もおられるでしょう。ですが最初のステップの仮審査だけでOKです。

プランも決まって値段も決まって価格も決定した後ならあなたの年収を不動産会社の営業マンに伝えても大丈夫です。

融資特約

不動産会社の契約についてですが最初の契約で手付金を支払います。手付金を支払います。
そして契約をします。その時に融資条件契約を結びます。
融資条件契約とは何かといいますと融資がつかなかったら契約金つまり手付金をお返ししますという文章です。
通常は契約をします。そして仮審査をします。そして本融資決定です。
住宅ローンの仮審査というのは契約までです。
ここで契約前に本審査の確認ができないかという疑問がでてきます。
これはできません。なぜなら本審査というのは契約書つまり売主と買主の署名捺印が必要になってきます。契約した後ではないとできません

ですから契約まであれば仮審査で必要十分なのです。
仮に契約をして進行をして何かの事情で契約ができなくなったとします。
そうするとどうなるかといいますと手付金は返還することになります。

住宅ローンを利用してマイホームを購入する際はローン特約というシステムがある点を覚えておきましょう。

住宅ローンの諸費用

住宅ローンの諸費用について解説させていただきます。
中古物件が2000万円だとします。
そうすると諸費用は200万円と考えましょう。
物件の一割と考えましょう。
ここで誰も教えてくれない情報をお伝えします。

それはこの諸費用の200万円です。
銀行によってこの諸費用の形が違うのです。
具体的には30万円あまったらそれは自由に常識の範囲でつかっていいですよと
考える銀行もあります。
仮に諸費用が191万円だとします。諸費用借り入れが200万円だとします。
そうすると9万円は自由につかってもいいお金になるのです。
こういうテクニックも必要です。
9万円はものすごく大きいです。
では最初からパチッと諸費用を円単位で銀行に提示を求められるかというとそれはできないからです。なぜなら決済の日が確定しないと固定資産税の日割りもでません。
諸費用の最終金額が確定しないのです。
金融機関によっては全部の諸費用の明細を提出してくださいという銀行もあります。
ですが一切みないという銀行もあります。カーテン代金30万円と形上して実際にカーテンに使ったかどうか見ないという銀行もあります。30万円は大きいです。
もちろん常識の範囲です。
仮に引っ越しの費用があるとします。高い見積もりの方を計上します。
ですが後でもっと安いところばみつかって結果的にそこにしたというのであれば
OKです。ですから諸費用は大目にみつもればいいと思います。
物件価格の10パーセントであれば亜問題はないのです。
当サイトは実戦での住宅ローン融資の経験をもとに提案しています。
こういうテクニックを駆使するのも重要です。
デリカシーの問題です。9万円や30万円はものすごく大きな金額です。
こういった工夫をアドバイスしているサイトは他にないといえるでしょう。

住宅ローンというのはものすごく重要です。
多くの人は新築する際に間取りを考えるのに時間をとります。
ですが間取りやおねがいする住宅会社が決まると住宅ローンもまるなげをしてしまう傾向があります。それは間違いです。住宅ローンの勉強までしなくてもいいです。
めんどくさい人も多いでしょう。当サイトで申し込みをして仮審査が通った銀行を比較検討する。それだけでOKなのです。

\ SNSでシェアしよう! /

不動産売却ガイドの注目記事を受け取ろう

山形県

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

不動産売却ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

  不動産さんざん売却君紹介   不動産さんざん売却君一覧

andy72

関連記事

  • Koganei City

  • Gyoda City

  • 空き家売りたい。空き家処分はどのようにするのが一番トク?

  • Higashikurume City

  • 札幌不動産店でスプレー穴開け爆発

  • BANKRUPTCY IN JAPAN

Translate »